人気ブログランキング |

木象画・木工造形 渡辺雅夫様インタビュー(お住まいについて)

木象画・木工造形の作家として活躍なさっている 渡辺 雅夫様は、
弊社の住宅にお住まいのお客様です。

d0162214_1875897.jpg

「木象画」とは、
ラフにカットした木のパーツを組み合わせ、木の色・肌合いを活かして、
しっくいを塗ったベースの上に描かれた絵のことです(渡辺様の造語です)。

渡辺雅夫様・奥様の真理子様に、
お住まいのこと、作家活動のこと、作品のことについて、お話を伺ってきました。

===========================================
渡辺 雅夫様 プロフィール

大阪生まれ。
京都市立芸術大学工芸科卒業後、松下電器産業入社。
主に、炊飯器・洗濯機・ポータブルCDプレイヤーなど、
家電・無線分野での製品デザイン担当(Gマークも受賞多数)。
サラリーマンをしながら、作家活動を開始し、現在は、木工活動を専業とする。
朝日現代クラフト展、ハンズ大賞作品展、豊中市美術展など、受賞多数。
公式HPはこちら(http://www.tcct.zaq.ne.jp/watanabemasao/)
===========================================

第1回の今回は、
お住まいについてのお話をお届けします。



―まずは、国土建設で家を購入なさったきっかけについて、お聞かせください。

渡辺雅夫様(以下 雅)
d0162214_1817347.jpg 
「マンションに住みながら、木工の仕事場だけを探したんですけど、
  なかなかいい物件がなくて。 いっそのこと
  “仕事場つきの家を建てようじゃないか”という話になって。

  デザインの仕事をする上で、インテリアに関心があったから、
  家を探す以前から、住宅展示場によく行っていて、
  その時に、ピーコンの家は良いなと思っていたのと、
  妹の家がピーコンさんだった縁で、設計プランをしてもらって、
  なかなかいいプランじゃないかと、心を動かされてね。」

―ということは、当初から、工房(作業場)も含めてプランニングさせていただいたんですね。

「そうですね。設計の方が、最初からわかってくれてたみたいでね。
  良いプランを立ててくれたなと。」

奥様・真理子様(以下 真)
 「1Fのギャラリーは、(設計者の)ご提案だったんですよね。」

「自分としては、ああいう展示ギャラリーを作ることは、イメージしてなかったんですよ。
  こういう考え方も良かったなと。」

「作品もいっぱい飾れて。」

「ただ、図面からいきなり現物になると、イメージのギャップがあって
  出来上がったら “ここちょっと違うな”というのが多くてね、
  まぁでも、いろんなわがままを聞いてもらいました。
  工事担当の方には迷惑をかけたかもね…ちょっと申し訳なかった(笑)

d0162214_21421567.jpg
  残念なのが、せっかくの陸屋根(※1)なので、
  はしごをつけるとか、上に上がれるようにしたらよかったかなぁと。
  上に上がると、箕面の山がきれいに見えるし、
  淀川の花火も見れるんですよ。
  今は、壁をよじ登ってます(笑)」

※1 陸屋根(りくやね・ろくやね)…傾斜のない、平らな屋根のこと。


―はしごの設置もできますよ。
  渡辺様は、10年お住まいになられていますが、
  はしごの他に、現在のお住まいはいかがですか?


「10年たっても古びた印象がないですね。」

「だんだんと作品が進出してきて、廊下にもたくさんあふれてるんですけど(笑)」

「あと、床暖房の給湯器が傷んできているとか、設備の劣化がありますね。
  改装も、ベランダをもっとテラスみたいに作りたいとかね、なかなか言い出したらキリがないですね。」

―10年ですから、そろそろ屋根や外壁の塗り替えや、給湯器交換を考えていただく時期ですね。
 今、改装のお話が出ましたが、改装についてのご希望はございますか?


d0162214_12585499.jpg「最初は、部屋を板壁にする提案もいただいたんですけど(※2)
  部屋を広くしたいのでいりませんっていったんです。
  でも、作品が増えてあちこちにかけるんだったら、
  釘が利くように、板壁にしておいたらよかったなぁ。
  今でもちょっと作品をかけたい時などは、釘が利かないから、
  アンカーを打って無理矢理やってるんです。」

※2 板壁にする…渡辺様のお宅の壁はコンクリートのため、内側に壁をもう1枚作る工事を提案しました。

「1Fのギャラリーは、数年前にリフォームしてもらったんですよ。
  壁をふかして(※3)。」

※3 壁をふかす…本来の壁の内側に、もう1枚壁を作ること。

「壁をふかして、釘を打てるようにしてもらったんですよ。
  珪藻土のクロスを貼ってもらって、あれも良かった。
  部屋に温かみが出たような気がしますよね。
  住んでからでないと、わからないことがたくさんある。」

「だから、改装したくなってくるんです(笑)」

「ここ(リビング)も、壁をふかしてもらったら、大きな作品を飾れたんですけどね」

「今は、他の作家さんの小作品を飾ってます(笑)」

「普通の家より、壁がわりと多いから、自分の作品の展示には、ふさわしいというか、
  よく合う家なのに、自分の作品が飾りにくいのが、今、悔やまれてるところで。」

「で、改造するんだったら、『あそこも』『ここも』って思ってると全部になるんです(笑)
  相談したら、また素敵な提案がいただけるんだろうな。
  さっき言ったベランダ広げたいとか、夢ふくらむ感じですね。」

------------------------------------------------------------------


渡辺様のお住まいは、
リビングや和室も、ギャラリーやおしゃれなカフェのような雰囲気の、
心地よい、とてもステキな空間でした。


次回は、渡辺様の作家活動や経歴について、
お届けいたします。
(続きはこちらです!)