節電・エコでおしゃれな外観!「オーニング」はいかがですか?

今回は、節電体策もできる優れ物「オー二ング」を紹介します。

オーニングとは、テント生地で作られた窓際に設置する日よけ、雨よけのことで、
ヨーロッパでは、住宅や商業建築などに日よけとして使われてきました。
ちなみにオーニング発祥の地は、イタリアです。

d0162214_17281141.jpg



ヨーロッパは全体的に日本よりも緯度が高いため、夏でも真昼の日射が横から強烈に射します。
そのために、他国より日影がほしくなって、オーニングが生まれたのではと私は考えています。

一般的には、キャンバスを巻き取りパイプに取り付け、
日差しを自由に調整することができるものがよく使われています。
手動と電動タイプがあり、ほとんどが手動タイプを使われております。
一般的には、かなり安価な製品が出回っているようです。
(例:掃き出し用手動型 材工共で198.000円(税込)(W3000*d2000)


ここで施工例として1例を挙げますと、
1Fリビングの掃き出し(1K~1,5K)の前にウッドデッキを施工されているお家には最適化と思います。
ウッドデッキは、元々リビングの延長として利用される目的で施工されている方がほとんどです。
(室内で抵抗のあるバーベキューも、ウッドデッキなら可能です。)


d0162214_17324876.jpg<オーニングを設置するメリット その1> 
 「日よけによる節電効果・紫外線カット」

太陽の光を遮りますので、室内の温度上昇が抑えられ、
エアコンの電力使用量が減る効果が考えられます。
また、有害な紫外線カットにも効果を発揮します。

<オーニングを設置するメリット その2>
 「健康に良い」

最近住宅のほとんどが気密化されたため、
足が冷える、身体がだるい、神経痛、といった、
エアコンにより冷房病を訴える人が少なくありません。
原因は温度差が一番で、必要以上に温度をあげない事が重要でないでしょうか?
自然の新鮮な空気を一時的でも部屋に入れる・・・これが今風の第4種換気システムかも。

<オー二ングについて、注意点>
・目安として、風速10m/秒以下で使用して下さい
・掃除は、台所用中性洗剤などで拭き掃除して下さい。
 (高い場所は危険ですので、販売店に依頼して下さい)


特に今は、節電15%という目標が一般的に考えられているときですし、
おしゃれと機能性を兼ね備えたオーニングを設置なされてはいかがでしょうか?
[PR]