ご家庭でできるプチメンテナンス『クロスの落書きを落とす(クレヨン・油性マジック編)』

前回のブログでは、壁紙(クロス)に書かれたボールペンの汚れの落とし方について説明いたしました。

今回は、クレヨンと油性マジックの汚れの落とし方について、説明したいと思います

※注意※
 擦りすぎ、又は洗剤や薬品によっては、クロスを傷めてしまう事もあります。
 目立ちにくい場所で試してみる等、十分に注意しながら作業してください。



○クレヨン・油性マジック編○

【準備するもの】
 ①住居用弱アルカリ性洗剤
 ②クリームクレンザー
 ③きれいなタオル
 ※歯ブラシなどもあると便利です。
 ※シンナーは、クロスを傷めてしまうので、お勧めできません。


【手順】
 1.住居用(弱アルカリ)洗剤とクリームクレンザーを混ぜたものを、きれいなタオルにつけて拭き取ります。
 2.凹凸がある壁クロスの場合は、歯ブラシなどに洗剤をつけて軽くこすると良いでしょう。


【油性マジック】
d0162214_11513318.jpg


d0162214_1140356.jpg


d0162214_11524971.jpg


かなり薄くはなりましたが、完璧には落ちませんでした。
(特に赤色は落ちにくいようです)


【クレヨン】
d0162214_11544425.jpg


d0162214_11411319.jpg


d0162214_11552820.jpg


(クレヨン写真③)・・・ほとんど目立たなくなりました。


【最後に実験・・・】
油性マジックの汚れに、シンナーを使ってみたところ・・・

d0162214_11585267.jpg


このように、クロスがぼろぼろになってしまいますので、
シンナーは絶対に使わないでください(除光液も使わない方が良いです)。


今回は、クロスの落書き汚れについて、実際にどこまで落ちるかやってみました。
参考になりましたでしょうか。
是非一度、トライしてみて下さいね。
[PR]