既存のカラーベスト屋根をリフォームする

「カラーベスト」とは、高圧プレスされたスレートというものに、防水塗料を塗った屋根材です。
「スレート瓦」などと呼ばれたりもします。
カラーベストは通常の日本瓦に比べ軽く、値段も安価で、
風で飛ばされにくいので屋根材として広く普及しています。

カラーベストの屋根は一般的に、
10~15年程度で表面の塗装をすることによってメンテナンスを行ないますが、
20年以上経過すると劣化も進み葺き替えの検討が必要となってきます。

先日行なった葺き替え工事では、カバー工法を採用しましたので、
今回は、カバー工法での葺き替えについて、紹介したいと思います。

d0162214_16549100.jpg
d0162214_17482932.jpg


今回行なった「カバー工法」は、既存のカラーベスト屋根を金属屋根で囲い込む工法です。
既存の屋根の上に、新しい金属の屋根を覆い被せる工法の為、
 ・工期が短い(1週間程度)
 ・雨漏りの心配がない
 ・廃材が少ない
といったメリットがあります。

また、最近の金属屋根材は、
 ・軽量(5kg/m2)のガルバリウム鋼板
 ・硬質ウレタンフォーム一体成型で遮音、断熱
 ・横暖ルーフプレミアムの場合、0.4mm鋼板、フッ素樹脂塗装、塗膜変褪色保証20年
など、商品も増え、性能も向上しています。


それでは、工程について説明いたします。

d0162214_1681579.jpg
  20年以上経過したカラーベスト屋根は、
  場所にもよりますが表面が劣化、ひび割れ、
  苔などもはえて汚れています。



d0162214_16255117.jpg
  家全体に足場をかけ、屋根面の清掃をし、
  樋、既存金物の撤去を行い、
  先行水切り取付、アスファルトルーフィングを貼り付けます。



d0162214_1632351.jpg
  金属屋根を葺いていきます。
  雪の多い地域は雪止めも必要です。



d0162214_16495046.jpg
  今回は樋の交換、破風板金も同時に行いました。
  (左の画像の薄いグレー部分が水切り、
   濃いグレー部分が破風板になります)

  棟、ケラバ金物を最後に取付て完成です。



d0162214_1637358.jpg 屋根の役割は、風雨から住まいを守るだけではありません。
 特に、近年では、毎年夏になると酷暑になりますので、
 太陽熱による屋根温度の上昇を抑え、
 建物内部への熱の侵入を抑制する性能がある
 製品を選ぶことが大切です。

 もちろん、実際にお住まいの皆様には、
 住宅デザインのイメージも大切にしたいところと思います。
 お困りの時にはお気軽に、お問い合わせ下さいね!
[PR]