パナソニックお風呂、「酸素美泡湯」を体験してきました!

皆様は、「酸素美泡湯(さんそびほうゆ)」をご存知でしょうか?
「酸素美泡湯」とは、ものすごく簡単に説明しますと、
パナソニックの泡の出る浴槽の名称です。

ひとことで「泡」と言いましたが、
酸素がたくさん含まれているミクロの泡がたくさん出て、
まるでミルク風呂のようになる というお話を伺いました。

先日、その「酸素美泡湯」を体験する機会がありましたので、
今回は、その体験談をお伝えします。

※今回ご紹介する感想は、あくまで個人の感想です。


----------------------------------------------

d0162214_1054968.jpg
酸素美泡湯のスイッチを押すと、ミクロの泡が勢いよく出てきて、
浴槽のお湯がだんだん白くなっていきます。

(右の画像は、お湯を張った状態と、
 酸素美泡湯の泡が広がっていく様子のものです。
 クリックすると、大きな画像が表示されます。)

あっという間に、浴槽のお湯が真っ白になり、
ゴム栓も、全く見えなくなりました。
本当に、ミルク風呂のようでした。

お湯も、普段より柔らかく、
私には、少しとろみがあるお湯のように感じられました。
(お湯と酸素美泡湯以外のものは一切使っておりませんので、
 実際には、とろみはついていません。)
d0162214_1119290.jpg
「普段よりぬるめのお湯にして下さい。39度くらいがいいと思います。
 そうでないと、熱くなります!」

とのことで、普段なら追いだきをするくらいのぬるめのお湯にしました。

「半身浴は、ぬるめのお湯に長時間つかる」
とよく言われますが、ぬるめのお湯ですと、
冷え症の私の場合、途中で寒さを感じてしまい、
今まで、長時間つかることはありませんでした、

今回、酸素美泡湯のお湯は、一度も追いだきせず、
寒さを感じることもなく、15分つかっていられました。
手足の温かさも、いつもより長時間持続しました!

私は気になりませんでしたが、泡を出す機械音がしますので、
もし気になられる方がいらっしゃいましたら、音楽やラジオを聞く、TVを観る
といったことをなさったら良いかと思います。

----------------------------------------------

日本人にとってお風呂は、やはり格別なもの。
パナソニック「酸素美泡湯」で、普段の入浴をさらに気持ちの良いものに、
入浴から、毎日をより楽しいものにしていただけたらと思います。


パナソニックのお風呂の特長・商品紹介などは、1/8のブログでも紹介しておりますので、そちらもご覧ください。


ご興味をお持ちの方やご質問などは、
㈱ピーコンホームサービスまでお気軽にご連絡下さい。

株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
phs@pcon.co.jp
[PR]