ご家庭でできるプチメンテナンス『シャッターのメンテナンス』

シャッター雨戸も年数が経つごとに、上げ下ろしが段々と重くなってくることがあります。
毎朝のことなので、あまり重いと腰を痛めてしまうことも・・・
よほど重くなってしまえば、業者による『オーバーホール』が必要となりますが、
普段の使い方や、お手入れ次第で、より長く快適にご利用できると思います。
今回、ご家庭でできるお手入れ方法をご紹介いたします。

d0162214_162388.jpg【普段の開け閉め】

シャッターを開ける時は、出来るだけシャッターの
真ん中を持って開けてください。
偏ったところを持って、毎日開け閉めしてると、
シャッターの巻き込みが斜めになってしまう事があります。
これも、シャッターが重くなってしまう原因のひとつです。


d0162214_16242070.jpg【普段のお手入れ】

窓枠の左右の、縦に走るレール部分に
シリコンスプレーを散布する。

注:必ずシリコンスプレーを利用してください。
  グリース入りの油(CRC556等)を使うと、
  べたつきがある為、汚れが付着しやすく、
  後から、より重たくなってしまいます。
  シリコンスプレーはホームセンターで
  200円前後で売っております。

  また、シリコンスプレーはフロアや敷居等には
  絶対に使用しないで下さい。
  滑りがよくなりすぎてしまいます。


d0162214_1629454.jpg【特別なお手入れ】

年に1~2回、シャッターを水洗いして下さい。
細かい土ぼこりがシャッターの隙間に入る ということも、
シャッターが重くなる原因のひとつです。
柔らかい布や、洗車ブラシ等を使って水洗いして頂くと、
開閉がスムーズになる事があります。




是非、これらを参考にして頂いて、トライしてみてくださいね!


また、雨戸の交換をお考えでしたら、電動雨戸もオススメです。
こちらのブログをご覧ください→http://phsreform.exblog.jp/12873065/
[PR]