築33年マンションリフォーム <キッチン 前編>

現在、弊社で築33年のマンションのリフォーム(全面改装)を行っています。
本日は、キッチンについて、お届けいたします。

d0162214_1061110.jpg


最近のマンションは、リフォームも考慮して建てられているだろうと思いますが、
33年前は、「リフォーム」という考えは一般的ではありませんでした。
そのため、最近のマンションとは違う点があったりします。

今回のマンションと、最近のマンションを比較すると、

①キッチン上部に大きな梁がある
②レンジフード(換気扇)のダクトが手前(室内中央側)にある
③排水管が通常より高い位置にある

という3点が違っています。

d0162214_10215131.jpg


この3点の中で、キッチンの取付に影響があったのが、実は②と③です。

通常であれば、壁にキッチンを取り付けるわけですが、
既存のダクト配管の位置と、排水管の位置の関係で、
壁に取り付けることができません。
そのため、梁にボードを貼り、壁をふかして、ふかした壁にキッチンの取り付けを行います。
(壁をふかした場合、別途費用がかかる場合があります)

d0162214_10311888.jpg


キッチン施工後の画像などは、また改めてご紹介いたします。


マンションリフォームもお任せ下さい!

株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/







[PR]