窓ガラスのお掃除方法

気づくとまもなく12月、年末と言えば大掃除ですね。

先日、アクリルたわしを編んだ時に、
「窓ガラスの掃除にアクリルたわしが使える」という趣旨の記事をインターネットで読み、
今回、試してみることにしました。

また、アクリルたわし以外でも、
できるだけ費用をかけず、簡単に窓ガラスのお手入れができないか?
と考え、合計3種類の方法を、弊社の掃き出し窓で試してみました。
私個人が感じたメリット・デメリットも併せてお届けいたします。

d0162214_1151044.jpg




その① 新聞紙

■準備するもの■d0162214_11433710.jpg
・新聞紙
 (乾いた雑巾もあると便利)

■手順■
①濡らした新聞紙で汚れを拭く
②乾いた新聞紙で拭いて仕上げる

今回、乾いた新聞紙で拭きにくい箇所は、乾いた雑巾で拭きました。
新聞紙のインクが汚れを浮かせる・汚れをつきにくくする という
効果もあるようですね。

■メリット■
・新聞紙を捨てるだけなので、後片付けがラク

■デメリット■
・乾いた新聞紙は端の方が拭きにくい
・新聞を購読していない場合は入手する必要がある



その② アクリルたわしとマイクロ雑巾


■準備するもの■d0162214_11394858.jpg
・アクリルたわし
・マイクロ雑巾

■手順■
①アクリルたわしを濡らして絞り、汚れを拭く
②乾いたマイクロ雑巾で拭いて仕上げる

今回、マイクロ雑巾がなかったため、乾いた雑巾で仕上げました。
乾いた雑巾ですと、少しですが、汚れの筋がガラスに残りましたので、
マイクロ雑巾の方が、より短時間できれいになっただろうと思います。

■メリット■
・アクリルたわしはすぐに汚れが落ちるので、後片付けがラク
・サッシのアルミ部分など、他の箇所のお手入れもしやすい

■デメリット■
・今回の3つの方法の中で、一番費用がかかるかもしれません。



その③ 半乾きの雑巾と乾いた雑巾

■準備するもの■d0162214_11452411.jpg
・半乾きの雑巾
 (濡らした雑巾と乾いた雑巾を重ねて絞り、
 もともと乾いていた方の雑巾を使用します)
・乾いた雑巾

■手順■
①半乾きの雑巾で汚れを拭く
②乾いた雑巾で拭いて仕上げる

濡れた雑巾の時に残る水滴の跡や、雑巾の繊維も、
半乾きの雑巾ですと残りにくいため、キレイになります。

■メリット■
・3つの方法の中で最も費用がかからない

■デメリット■
・後片付けで、雑巾を洗う手間がかかる



仕上がりも手間や作業時間も、3種類とも同じくらいに感じました。
画像ではわかりにくいかもしれませんが、とてもキレイになりました!

d0162214_12101252.jpg
d0162214_12204417.jpg
d0162214_18173690.jpg




おまけ サッシ部分

また、併せてサッシ部分も、
その① 新聞紙(乾いた新聞紙は作業がしにくかったので、仕上げは乾いた雑巾にしました)
その② アクリルたわしとマイクロ雑巾
その③ 半乾きの雑巾と乾いた雑巾
その3つの方法で試してみました。

d0162214_16101222.jpg
d0162214_16103888.jpg
d0162214_18184043.jpg


こちらも、どの方法でも同じくらいキレイいなりました。


この他にも、このブログの「ご家庭でできるプチメンテナンス」には、
年末の大掃除に役立つ情報をいくつも掲載しています。
併せてご覧下さい!

ご家庭でできるプチメンテナンス
http://phsreform.exblog.jp/i14




近畿一円、住宅リフォームならお任せ下さい!

株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/






[PR]