人気ブログランキング |

住宅設備によく使われる素材あれこれ

キッチンにトイレ、お風呂、洗面所・・・
私たちは、様々な「住宅設備」に囲まれて生活しています。

その住宅設備に、どのような素材が使われているか、
皆様はご存知ですか?

本日は、住宅設備によく使われる素材について、
ざっと説明をいたします。

------------------------------


ステンレス

鉄にクロムを約11パーセント混ぜた金属のこと。
「STAINLESS」の「STAIN」は「サビ」、
「LESS」は「ない」という意味合いであり、
さびにくいのが最大の特徴。
・仕様用途:キッチン、洗面化粧台など




人工大理石

アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材。
割れにくく耐久性もあり、熱にも強い。
・仕様用途:キッチン、浴槽、洗面化粧台など




陶器

陶石、粘土に水を混ぜ、成形・乾燥・焼成して作られる。
隙間や継ぎ目がほとんどないため、汚れなどが付きにくく、傷もつきにくい。
・仕様用途:トイレ、洗面化粧台など



FRP(エフアールピー と読みます)

ガラス繊維などを補強材として使用した繊維強化プラスチックのこと。
軽い上に、耐食性や耐候性などに優れている。
・仕様用途:浴槽、屋根・外壁防水処理など


------------------------------


住宅設備のデザインも、素材によってイメージが変わったりしますし、
素材によって、お手入れ方法も異なってきます。
一度採用した住宅設備は長いお付き合いとなりますので、
リフォームの際には、どの素材にどのような特徴があるのかを踏まえた上で
選んでいただけたらと思います。




リフォームなら弊社にお任せ下さい。


株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/





by pcon_phs | 2015-07-03 09:17 | その他