カテゴリ:家庭でできるプチメンテナンス( 47 )

6月と言えば、いよいよ梅雨入りを迎えた地域も多い頃かと思いますが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さて、本日は、
カリスマ清掃員の清掃術 ~手順編~
カリスマ清掃員の清掃術 ~タオルの絞り方編~
に続きまして、
本日は、カリスマ清掃員の清掃術、「タオルの持ち方」について、
お届けしようと思います。





■平面の場合■

①フェイスタオルの両端を持ち、横方向に1回折る
d0162214_10541174.jpg



②再度、横方向に折る
d0162214_10550609.jpg



③縦方向に1回折る(8枚重ねの状態になります)
d0162214_10560259.jpg



④8枚重ねの状態のタオルの全体に手のひらを載せ、
 最もばらける角を親指でしっかり持つ
d0162214_10583460.jpg



■段差や溝の場合■

①フェイスタオルを広げて、両手で両端を持ち、
 タオルの両端を持ったママ、聞き手で段差や溝を拭く
 (汚れたら、新しい部分に持ち替えてください)d0162214_11002391.jpg



②細かい場所は、指にタオルを巻き付けて拭く
d0162214_11024934.jpg







カリスマ清掃員の方がおっしゃるには、
「家のお掃除に特別な道具は必要なく、
 極論を言えば、タオル1枚で家中ピカピカにすることができる」
とのことでした。
今回ご紹介した方法も、ぜひお試し頂けたらと思います。






「お掃除ではキレイにできない!」
そういう場合は、思い切ってリフォームなさっても良いかもしれません。
リフォームへのご相談は、お気軽に、弊社、ピーコンホームサービスまで。


株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
FAX:06-6351-9175
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/




[PR]
まもなく5月も終わりですが、
5月は、暑くなったり涼しくなったり、目まぐるしい気候でしたね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか、体調は崩されていませんか?

さて、前回の、カリスマ清掃員の清掃術 ~手順編~  に続きまして、
本日は、カリスマ清掃員の清掃術、「タオルの絞り方」について、
お届けしようと思います。





タオルの絞り方の基本は、
「かた絞り」という、水滴が落ちない状態までしっかり絞る方法ですが、

オススメは、「絞り拭き」という、
通常のかた絞りよりも水分の少ない絞り方です。



■絞り拭き用タオルの絞り方■

①濡れたタオルを乾燥したタオルを用意する
d0162214_09473564.jpg



②濡れたタオルに乾燥したタオルを乗せる
d0162214_09523903.jpg



③重ねたタオルを巻いて、絞る
d0162214_10084154.jpg


この、元々乾いていた方のタオルが、絞り拭き用のタオルです。


ちなみに、今回ご紹介した「絞り拭き」は、
プロの清掃員も使う技術で、から拭きの必要ないのだそうです。

その他、汚れの状況によって、
水分をしっかり残した「ゆる絞り」や、
タオルから水が滴るほどの「びしょびしょ絞り」にすることも
あるのだそうです。
汚れの状況を見極めることも、お掃除には大切なことだと言えそうですね。





今回のご紹介した方法は、簡単に取り入れて頂ける内容かなと思いますので、
ぜひお試し頂けたらと思います。

次回は、タオルの持ち方について、ご紹介したいと思っています。
お楽しみに!





リフォームへのご相談は、お気軽に、弊社、ピーコンホームサービスまで。
ご連絡お待ちしております。


株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
FAX:06-6351-9175
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/



[PR]
4月も下旬に差し掛かろうとしていますが、
4月と言えば新生活、
進級・進学・就職・異動など、日々の状況が大きく変わった方も、
大勢いらっしゃることかと思います。

暮らしの変化に伴って、お住まいを健やかに、より健康的になさるのはいかがでしょうか。
そこで本日は、カリスマ清掃員の清掃術「手順編」をお届け致します。






■手順①:汚れの種類を確認する■

家の中の汚れには、

・「固形の汚れ」   …ほこり、食べかす、砂など
・「酸性の汚れ」   …キッチンの油汚れ、手垢、浴槽の湯垢など
・「アルカリ性の汚れ」…水垢、尿汚れなど

という種類があります。
まずは、汚れの種類を判別するのが大切なのだそうです。



■手順②:洗剤を選ぶ■

「重曹」「クエン酸」「食器用洗剤」「クレンザー」「セスキ炭酸ソーダ」

この5種類があれば、家庭でのお掃除には十分だそうで、
酸性の汚れには、弱アルカリ性である重症やセスキ炭酸ソーダを、
アルカリ性の汚れには、クエン酸を使用します。
クレンザーは、こびりついた汚れ落としに(素材を傷つけることもあるので要注意!)。
食器用洗剤は、中性と弱アルカリ性があるので、汚れに合わせて、水で薄めてお使い下さい。



■手順③:汚れを落とす■

本格的なこすり洗いの前に、
まずは、掃除機や乾いたタオルなどで、固形物を除去しましょう。

洗浄力が強い洗剤を使う場合は、ゴム手袋を使用しましょう。

汚れを落としたら、タオルで水拭きをし、その後、から拭きで仕上げて終了です。





リフォームや模様替え と言いますと、大掛かりになりますが、
お掃除方法の見直しなら、簡単に取り入れて頂けるかなと思います。
今回のブログで、新しい生活にふさわしいお住いづくりを応援できたら幸いです。

続きもまたこちらのブログで紹介していきたいと思っています。
お楽しみに!





リフォームへのご相談は、お気軽に、弊社、ピーコンホームサービスまで。
ご連絡お待ちしております。


株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
FAX:06-6351-9175
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/



[PR]
前回のブログで、クリナップのHPに書かれている手順を元に、
キッチンの排水口のお手入れ方法についてお届けしましたが、
残念ながら、我が家の排水口は、前回のブログでお届けした方法では、
黒い筋が残ってしまいました。

前回のブログ「キッチン排水口のお手入れ方法 byクリナップ」
http://phsreform.exblog.jp/25254340/


何か良い方法はないものか?と思っていましたが、
簡単でキレイにできる方法を見つけましたので、
本日は、その方法について、お届けいたします。




d0162214_12145767.jpg■用意するもの■
重曹
お酢(食用のものを使用しました)
歯ブラシ

どちらも、100円均一で購入しました



■手順■

(1)重曹を、排水口周りにふりかけます

(2)歯ブラシで、特に汚れている部分に
  重曹を塗りつけます

(3)お酢を排水口にまわしながらかけます

(4)重曹とお酢が反応して発泡しますので
  そのまましばらく置いておき、
  排水口全体に水を流します




手順は以上です。

我が家の排水口は、1度だけでは完全にはキレイになりませんでしたので、
この方法を2回、日を置いて行いました。
その結果、黒い筋もほとんど見えなくなりました!

d0162214_12154057.jpg

毎日お手入れをしていれば、排水口ももっと美しく保てるのですが、
日常の忙しさの中で、ついつい後回し…気づいた時は汚れがひどい!
となる方もいらっしゃるのではないかと思います。
そんな時は、ご説明した手順でお手入れをしてみて下さいね!




株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
FAX:06-6351-9175
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/





[PR]
ふと気づくと、イヤな臭いがしたり、
ヌルヌルが着いてしまったりするキッチンの排水口。

排水口って、どんなお手入れをしたら良いのか?
クリナップのサイトに掲載されていた手順で、
我が家のキッチンの排水口をお手入れしてみました。

参考にしたのは下記URLです。
クリナップHP「ぴかぴか大掃除計画!」キッチン排水口ページ
http://cleanup.jp/osouji/overflow.shtml


■用意するもの■
スポンジ、台所用中性洗剤、歯ブラシ※

※HPには、歯ブラシは書かれていないのですが、
 今回、私はしつこい汚れを落とす際に使いましたので、
 リストに入れています。

d0162214_11252409.jpg■手順■

(1)排水口の部品を外します
  我が家のキッチンの排水口は
  ①排水プレート
  ②浅型カゴ
  ③排水トラップワン の3つです。
  (キッチンにより、部品の内容が
   異なるようです)

(2)スポンジに台所用中性洗剤をつけ
  (1)の部品を洗います

(3)排水トラップ内も(2)と同じように、
  台所用中性洗剤をつけたスポンジで
  洗い、最後にしっかりと水を流します

(4)我が家の排水トラップは(3)だけでは
  きれいになりませんでしたので、
  歯ブラシに台所用中性洗剤をつけて
  お手入れしました
 (傷がつくと、そこに汚れが
  たまりやすくなります。
  クレンザーですと、傷をつけてしまう
  可能性があるかと考え、歯ブラシと
  台所用中性洗剤を使用しました)

(5)部品を(1)と逆の手順で
  元通りに取り付けます

手順は以上です。


お手入れ前とお手入れ後の排水トラップについて、
写真も撮影してみました。

d0162214_12035228.jpg
まだ少し、黒い筋が残っているのですが、
かなりきれいになったと思います。
(普段からしっかりお手入れをしなければいけませんね。反省です・・・。)


排水口のお手入れもこまめにしていれば、ヌルヌルもつきにくくなります。
日常の忙しさの中で、ついつい後回しになってしまうお掃除ですが、
ご説明した手順でお手入れをしてみて下さいね!




株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
FAX:06-6351-9175
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/





[PR]
錆びない・清潔に保てる ということから、
人気の高い、ステンレスシンク。
ですが、水を流しただけでは落としきれない汚れも
付着していたりしますよね。

そんな時、どんなお手入れをしたら良いのか?
クリナップのサイトに掲載されていた手順で、
我が家のステンレスシンクをお手入れしてみました。

参考にしたのは下記URLです。
クリナップHP「ぴかぴか大掃除計画!」キッチンシンクページ
http://cleanup.jp/osouji/sink.shtml



d0162214_10304923.jpg■用意するもの■
スポンジ
クリームクレンザー※
きれいな布(水気をふき取れるもの)

※今回は、ステンレスシンクに黒ずみやサビが
 ついてしまった時のお手入れとなります。
 黒ずみやサビが目立たない場合は、
 食器洗いなどの中性洗剤でも効果があると
 思います。



■手順■

(1)スポンジにクリームクレンザーをつけ、
  ステンレスの研磨目に沿って
  軽くこすります

(2)水でクリームクレンザーを
  洗い流します

(3)きれいな布で、カラ拭きをして
  仕上げます


仕上げとして、
サラダオイルを少し含ませた布か、
レモンの皮で磨くと、
光沢が出る上に、汚れ防止にも
なるそうです。

手順は以上です。

毎日お手入れをしていれば、黒ずみやサビもつきにくいのですが、
日常の忙しさの中で、ついつい後回しになってしまうこともありますよね。
そんな時は、ご説明した手順でお手入れをしてみて下さいね!




株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
FAX:06-6351-9175
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/





[PR]
梅雨は、一年のうちでも一番カビが増えやすい季節ですが、
中でも、お風呂は特にカビが生えやすい場所ですね。

そこで本日は、しつこいカビを取るにはどうしたら良いか、
お届けいたします。



■用意するもの■
市販のカビ取り剤
ラップ
ティッシュ


■通常のカビ取り手順■

(1)カビ取りを行う前に、通常の掃除を行い、
  汚れを落としておく
 (軽いカビも落とすことができます)

(2)カビ取り剤に書かれている方法で、
  カビを落としてていく




■頑固なカビ取り手順■

(1)タイルの目地などの場合、
  カビ取り剤を頑固なカビに吹きつけ、
  ラップを貼る

  窓枠などパッキンには、
  テュッシュでこよりを作り、
  こよりにカビ取り剤を含ませ、
  頑固なカビ部分に置く

(2)5~10分そのままにしておき、
  水で洗い流す



なお、この「頑固なカビ取り手順」でも落とせないカビは
プロでもなかなか落とせないのだそうです。

カビ取り剤には、塩素系の物質が含まれており、
取り扱いには注意が必要です。
カビ取りをなさる前に、こちらのブログもご一読下さい。

カビ取り剤(塩素系漂白剤)の使用上の注意
http://phsreform.exblog.jp/24543524/



カビも、一度生えてしまうと、お手入れも大変な場合がありますが、
汗をかく季節はこれからが本番。
きれいなお風呂でさっぱりとするためにも、
今のうちに、頑張ってカビ取りをしていただけたらと思います。





株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/






[PR]
ジメジメが続く梅雨の季節、今の時期に元気になるのが、「カビ」。
特に、キッチンやお風呂など、水周りには注意が必要です。

カビが発生しないように予防することが大切ですが、
発生してしまった場合、どうすれば良いのでしょう。
本日は、発生してしまったカビを撃退する方法について、
お届けいたします。





■カビには「塩素系漂白剤」が効く!■

塩素系漂白剤に使われている「次亜塩素酸ナトリウム」が、
カビなどの殺菌に効果を発揮します。

「ノロウィルスの嘔吐物処理の掃除に、漂白剤を使うと良い」
ということをご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、
ノロウィルスの際の掃除に使う漂白剤も、塩素系漂白剤です。

ただし、この塩素系漂白剤は、取り扱いに注意が必要です。
塩素系漂白剤を使う際の注意事項は、こちらのブログをご覧下さい
(ブログタイトル「カビ取り剤(塩素系漂白剤)の使用上の注意」



■使い方■

(1)掃除をしたい場所の汚れを落とす
(2)塩素系漂白剤を殺菌したい場所に塗布する
(3)5~10分置いた後に、水で洗い流す
 (お風呂などの水周りの場合。
  押入れやリビングなど、水で洗い流せない場所には
  使用できない製品もあります。)
  
  
次亜塩素酸ナトリウムを水で適切な濃度に薄めて
使うのももちろん効果的ですが、
市販されている製品(泡状のスプレータイプなど)ですと、
薄める必要などがありませんので、扱いやすく、お手軽かと思います。



■製品を選ぶ上での注意■

同じような製品名でも、塩素系漂白剤でなく、
消毒用エタノールや、酸素系漂白剤の製品もあるそうです。
酸素系漂白剤では、カビに対して効果がありませんので、
製品を購入する際には、塩素系かどうか、
成分をよく確認するようにしましょう。






今回は、塩素系漂白剤を使ったお掃除や製品を選ぶ上での注意事項も
簡単にご説明しました。
次回は、お風呂のカビ取りをもう少し詳しくお届けいたします。





株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/




[PR]
お手入れが簡単な床材、クッションフロア。
普段は雑巾での水ぶきで十分きれいになりますが、
何かの拍子で、しつこい汚れが付着した場合、
水ぶきではきれいにならない場合があります。

先日、うっかりペンキを踏んだまま、玄関に入ってしまい、
クッションフロアにペンキが着いてしまいました。

そこで、下記の方法でお掃除をしたところ、
かなりきれいになりました。
d0162214_10491499.jpg

そこで今回は、クッションフロアのしつこい汚れの落とし方について、
お届けいたします。



■用意するもの■
歯ブラシ(使い古したもの)
中性洗剤(私は食器洗い用の洗剤を5倍に薄めて使っています)
ぞうきん

d0162214_15383195.jpg
■手順■

(1)クッションフロアに中性洗剤を垂らし、
  歯ブラシでこすります

d0162214_15383772.jpg(2)ぞうきんを濡らして
  洗剤と汚れをふき取ります
手順は以上です。

お手入れ前とお手入れ後の、
汚れていた部分を拡大した画像もご覧下さい。

d0162214_12544057.jpg

私みたいにうっかりすることはないかもしれませんが、
水ぶきできれいにならない汚れの時は、
この方法をお試し下さいね。





株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/






[PR]
WEB広報のTです。

水や汚れに強い、クッションフロア。
「うちも、クッションフロアの床、あります」という方も、多いかと思います。

我が家も、洗面所とトイレ、玄関はクッションフロアなのですが、
普段の水拭きだけでは、うっすらと汚れてきました。
そこで、クッションフロアのお掃除方法について、調べ、
お掃除をしてみましたので、ご紹介いたします。


■汚れ第1段階■
ぞうきんで水拭きを行う


■汚れ第2段階■
ぞうきんに中性洗剤※を含ませ、拭き掃除をし、
仕上げに水で絞ったぞうきんで拭いて仕上げる
※中性洗剤の代わりに、クエン酸水、重曹水、セスキ炭酸ソーダ水でもOKです。


■汚れ第3段階■
古歯ブラシに歯磨き粉を少量つけ、
円を描くようにこする



汚れ第1段階でも、うっすら汚れてきているように感じましたので、
今回は、常備しているセスキ炭酸ソーダ水※を使って、
第2段階でのお手入れを行ってみました。

※セスキ炭酸ソーダと水道水を5:100の分量で溶かしたもの、
 空の霧吹きに入れると、溶かすのもラクですし、いろいろ使えて便利です


白色っぽいクッションフロアだからか、
写真を撮ってみると、お手入れ前とお手入れ後の変化が見づらいものばかりだったのですが、
セスキ炭酸ソーダ水でも、かなりきれいになりました!

d0162214_14593542.jpg



汚れがきつい場合のお手入れとして、
メラミンスポンジやクレンザーを使うという方法もあります。
カンタンにきれいにはなるのですが、
これらは、クッションフロアにキズをつけ、
却って汚れが残りやすくなる場合がありますので、
ご注意下さい


なお、今回使用したセスキ炭酸ソーダ水は、
他のお掃除にも使えて便利です。
(例えば、ビニールクロスのお手入れにも使えます。詳細はこちらをご覧下さい
セスキ炭酸ソーダは100円均一などでも手に入りますので、
常備しておかれると便利かと思います。
(お肌の弱い方は念のため、ゴム手袋の着用をオススメします)




お正月まであと約2週間!
私も大掃除に励みますので、
これから大掃除に取り組まれる方、一緒に頑張りましょう!



お住まいのリフォームやメンテナンスはお任せ下さい!


株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/

[PR]