人気ブログランキング |

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

木象画・木工造形の作家として活躍なさっている 渡辺 雅夫様は、
弊社の住宅にお住まいのお客様です。

d0162214_15181453.jpg

「木象画」とは、
ラフにカットした木のパーツを組み合わせ、木の色・肌合いを活かして、
しっくいを塗ったベースの上に描かれた絵のことです(渡辺様の造語です)。

渡辺雅夫様・奥様の真理子様に、
お住まいのこと、作家活動のこと、作品のことについて、お話を伺ってきました。

第1回:お住まいについて
(http://phsreform.exblog.jp/12418965/)


第2回:経歴・作家活動について
(http://phsreform.exblog.jp/12419237/)


===========================================
渡辺 雅夫様 プロフィール

大阪生まれ。
京都市立芸術大学工芸科卒業後、松下電器産業入社。
主に、炊飯器・洗濯機・ポータブルCDプレイヤーなど、
家電・無線分野での製品デザイン担当(Gマークも受賞多数)。
サラリーマンをしながら、作家活動を開始し、現在は、木工活動を専業とする。
朝日現代クラフト展、ハンズ大賞作品展、豊中市美術展など、受賞多数。
公式HPはこちら(http://www.tcct.zaq.ne.jp/watanabemasao/)
===========================================

第3回目の今回は、
渡辺様の作品の中でも、特に私が好きだと思った作品について、
ご紹介したいと思います。


d0162214_11591970.jpg
(渡辺様のギャラリーです)


まずは、冒頭の写真のウォルドッグ。
「ウォルナット」という、北米のくるみ材で作られています。
d0162214_15181453.jpgd0162214_15553567.jpg
渡辺 雅夫様(以下 雅)
 「こちらの作品は、首や耳を動かすことができます。」
―表情がグッと変わりますね!


続いては、クラフトでは珍しい、モダンなお雛様です。
d0162214_16102667.jpg
「来年、作家仲間と3人で、サンディエゴで作品展をしますが、このような作品が現地で受けるかどうか…。
  作品は、全て木材の色合いを生かして製作していますので、全く色付けはしてないんです。」
―木材にも、こんなに赤っぽい色や、緑のような色があるんですね。

「他に、兜なども作ってるんですが、これらの作品は、
  京都の 『酢屋』(※1) というお店で扱ってもらっています。」

※1 酢屋…京都市中京区河原町にある、享保6年創業の材木のお店。
       坂本龍馬が2階に住まいしていた関係で、「ギャラリー龍馬」が併設されている。




平面の作品も、多数見せていただきました。
その中から、まず1点目。
『雲上の楽園』 という、黒姫山を描いた作品です。(50号サイズ)
d0162214_1911293.jpg
「平面作品の白い部分はしっくいで、あとは、木材と、木の粉を使って描いています。
  この作品は、例えば、山の部分などは、数種の木のパーツで表現していて、
  薄い茶色の部分は、木の粉としっくいを混ぜたものを使って描いています。
  着色はしないで、そのままの色合いを活かして作品を作ってますが、
  木の色調には限りがあるので、モノクロっぽい色合いになります。

  家具や楽器などに、木の象嵌(ぞうがん)※2によって描いている、
  工芸品としてのものは見るのですが、
  こういう油絵みたいな作風は、ちょっとほかではないと思っています。」

※2象嵌(ぞうがん)・・・金属・陶磁・木材など材料の一部を削り、そのくぼみに他の材料(同種のこともある)を
              はめこんで紋様などを形成した、工芸技法や工芸品のこと。



今回見せていただいた作品の中で、私が一番好きな作品がこちらの、
『花街のトンネル』という作品です。(25号サイズ)
d0162214_19172642.jpg
「京都の町屋を描いたものです。」
―遠くから見ると立体的な絵画に見えますが、近くで見ると木材が平面的に見えて、
 感じが変わりますね。

「照明を変えると、雰囲気も変わるんですよ。」
(何回か撮影したのですが、遠近や照明での雰囲気の違いを写すことができませんでした。
 お伝えしきれず、本当に残念です。)



その他、見せていただいた、平面作品。
d0162214_19383599.jpg



第1回インタビューなどに掲載させていただいた、
テーブルやイスといった、家具や、あかり。

d0162214_15372834.jpg



まだたくさんの作品があったのですが、一部の作品のご紹介とさせていただきました。


渡辺雅夫様の活動等についてのHPは
こちら(http://www.tcct.zaq.ne.jp/watanabemasao/)です。
ぜひご覧下さい!!

先ほど、渡辺様のお話にも少し出てきていましたが、
京都・河原町三条の『酢屋』様にて、渡辺様のクラフト作品を販売されています。
(平面作品のお取り扱いはありません)
京都にお出かけの際には、『酢屋』様にも、ぜひ足をお運びください。



作品も、ご自宅も、とても素敵で、
拝見していて、とても楽しかったです。

渡辺 雅夫様・真理子様、
取材のご協力ありがとうございました。
木象画・木工造形の作家として活躍なさっている 渡辺 雅夫様は、
弊社の住宅にお住まいのお客様です。

d0162214_1331754.jpg

「木象画」とは、
ラフにカットした木のパーツを組み合わせ、木の色・肌合いを活かして、
しっくいを塗ったベースの上に描かれた絵のことです(渡辺様の造語です)。

渡辺雅夫様・奥様の真理子様に、
お住まいのこと、作家活動のこと、作品のことについて、お話を伺ってきました。

第1回:お住まいについて
(http://phsreform.exblog.jp/12418965/)


===========================================
渡辺 雅夫様 プロフィール

大阪生まれ。
京都市立芸術大学工芸科卒業後、松下電器産業入社。
主に、炊飯器・洗濯機・ポータブルCDプレイヤーなど、
家電・無線分野での製品デザイン担当(Gマークも受賞多数)。
サラリーマンをしながら、作家活動を開始し、現在は、木工活動を専業とする。
朝日現代クラフト展、ハンズ大賞作品展、豊中市美術展など、受賞多数。
公式HPはこちら(http://www.tcct.zaq.ne.jp/watanabemasao/)
===========================================

第2回の今回は、
渡辺 雅夫様の経歴、作家活動について、お届けいたします。



―渡辺様は、会社勤めと平行して、作家活動をなさっていたと伺ったのですが。

d0162214_1334897.jpg渡辺 雅夫様(以下 雅)
 「入社してすぐくらいから、会社でデザインの仕事をしていたのですが、
  …会社がちょっとね(笑)
  かと言って、逃げるのではなく、自分の創作の場を持って、
  会社の仕事もするというスタンスでいたいなと思って、作家活動を。
  
  作家活動を始めて22~23年、会社を辞めてからは9年ですから、
  会社に勤めながら10数年、作家と平行してやっていました」

―何か木工(クラフト)の専門の勉強をなさっていたんですか?

「大学時代、1・2年目は、一般的な美術の勉強をして、
  3年目は、家具のこととか、総合的なデザインの授業があって、
  4年目になって、工業デザインを勉強しました。
  デザインスケッチはね、その1年と、会社に入ってからの研修で勉強しました。

d0162214_17564121.jpg  で、クラフトみたいなのは、学校の授業で、
  木でいすを作る授業があって、その時の端材がずっと家にあって。
  サラリーマンの趣味で始めることですし、最初は小物を作っていました。

  その時は、のこぎりと、せいぜい小型の電動ドリルくらいで、
  細々とやっていたんですけど、だんだん、発表したくなって。
  それで、デパートの手づくり市に出店したんですよ。
  そこで友達ができたりして。
  一人友達ができると、芋づる式に、人の輪が広がっていくんですよ。

  中でも、僕自身より10歳近く年上の、やっぱり脱サラをして活動してる人がいて、
  その人を師匠みたいに慕って、年に1回そこに行っては、お説教を受けて、鍛えられて、
  公募展なんか出すと、通るようになってきて。

  そうしているうちに、お店やギャラリーとも知り合いができたりして、
  そういう人のつながりが支えになって、会社を辞めても
  何とかやっていけるだろうみたいな感じで、会社を辞めて、今に至っているんですけどね。

  会社員時代も、デザイン室の仲間で、自分たちで作品展をしたいという話になって、
  ギャラリー借りて、ひとり1~2点を持ち寄って、4~5回、やったかな?」

奥様・真理子様(以下 真)
 「で、その時に出していたのが、あれに良く似た作品です」d0162214_14434815.jpg
 (右画像の作品です→)

「そうやって付き合いが出てくると、NHKの番組に作品が使ってもらえたり、
  神戸のホテルのロビーに展示させてもらったり、
  今は廃刊になってしまった、『手づくり木工辞典』という本などにも
  何回か紹介されたこともありましたね。
  会社辞めてから、逆にそういう仕事がなくなってきた(笑)」

「時代がやっぱりね」

「でも、こうやって続いたのは、やっぱり、仲間の存在が大きいよね。
  仲間もいなくて、情報交換もないという状態だったら、なかなか続かないですよね。」

「で、その仲間の一人が、長野県の安曇市立豊科近代美術館に出展しませんかって誘ってくれて、
  初めは立体の作品が多かったんですけど、美術館の壁を埋めるために、
  平面の作品も作り始めて。」

「美術館の大小各部屋で、それぞれ個展をするという作品展で、
  初めは一番小さい部屋だったんですけど、参加する顔ぶれが色々変わるうちに、
  大きい部屋で展示して欲しいという話になって、大きな作品も作るようになったんです」


―ところで、奥様も、何か作品作りをなさってるんですか?

「いえ、私は全然手を動かしてないです。口だけ(笑)
  でも、作品作りに苦労する時があって、
  チャチャ入れたら、だんだん良くなってくるかな?って(笑)」

「作品を見せて、『これどう?』って聞いたら
  『アカンで』とかね、言われるので、
  『はい、やり直してきます』とか(笑)」

―奥様のアドバイスも、作品には欠かせないんですね!


------------------------------------------------------------------


作品のお話が出てきましたが、お話が長くなってきましたので、
今回のインタビューはこの辺りにして、
次回、見せていただいた作品について、ご紹介したいと思います。
(続きはこちらです!)
木象画・木工造形の作家として活躍なさっている 渡辺 雅夫様は、
弊社の住宅にお住まいのお客様です。

d0162214_1875897.jpg

「木象画」とは、
ラフにカットした木のパーツを組み合わせ、木の色・肌合いを活かして、
しっくいを塗ったベースの上に描かれた絵のことです(渡辺様の造語です)。

渡辺雅夫様・奥様の真理子様に、
お住まいのこと、作家活動のこと、作品のことについて、お話を伺ってきました。

===========================================
渡辺 雅夫様 プロフィール

大阪生まれ。
京都市立芸術大学工芸科卒業後、松下電器産業入社。
主に、炊飯器・洗濯機・ポータブルCDプレイヤーなど、
家電・無線分野での製品デザイン担当(Gマークも受賞多数)。
サラリーマンをしながら、作家活動を開始し、現在は、木工活動を専業とする。
朝日現代クラフト展、ハンズ大賞作品展、豊中市美術展など、受賞多数。
公式HPはこちら(http://www.tcct.zaq.ne.jp/watanabemasao/)
===========================================

第1回の今回は、
お住まいについてのお話をお届けします。



―まずは、国土建設で家を購入なさったきっかけについて、お聞かせください。

渡辺雅夫様(以下 雅)
d0162214_1817347.jpg 
「マンションに住みながら、木工の仕事場だけを探したんですけど、
  なかなかいい物件がなくて。 いっそのこと
  “仕事場つきの家を建てようじゃないか”という話になって。

  デザインの仕事をする上で、インテリアに関心があったから、
  家を探す以前から、住宅展示場によく行っていて、
  その時に、ピーコンの家は良いなと思っていたのと、
  妹の家がピーコンさんだった縁で、設計プランをしてもらって、
  なかなかいいプランじゃないかと、心を動かされてね。」

―ということは、当初から、工房(作業場)も含めてプランニングさせていただいたんですね。

「そうですね。設計の方が、最初からわかってくれてたみたいでね。
  良いプランを立ててくれたなと。」

奥様・真理子様(以下 真)
 「1Fのギャラリーは、(設計者の)ご提案だったんですよね。」

「自分としては、ああいう展示ギャラリーを作ることは、イメージしてなかったんですよ。
  こういう考え方も良かったなと。」

「作品もいっぱい飾れて。」

「ただ、図面からいきなり現物になると、イメージのギャップがあって
  出来上がったら “ここちょっと違うな”というのが多くてね、
  まぁでも、いろんなわがままを聞いてもらいました。
  工事担当の方には迷惑をかけたかもね…ちょっと申し訳なかった(笑)

d0162214_21421567.jpg
  残念なのが、せっかくの陸屋根(※1)なので、
  はしごをつけるとか、上に上がれるようにしたらよかったかなぁと。
  上に上がると、箕面の山がきれいに見えるし、
  淀川の花火も見れるんですよ。
  今は、壁をよじ登ってます(笑)」

※1 陸屋根(りくやね・ろくやね)…傾斜のない、平らな屋根のこと。


―はしごの設置もできますよ。
  渡辺様は、10年お住まいになられていますが、
  はしごの他に、現在のお住まいはいかがですか?


「10年たっても古びた印象がないですね。」

「だんだんと作品が進出してきて、廊下にもたくさんあふれてるんですけど(笑)」

「あと、床暖房の給湯器が傷んできているとか、設備の劣化がありますね。
  改装も、ベランダをもっとテラスみたいに作りたいとかね、なかなか言い出したらキリがないですね。」

―10年ですから、そろそろ屋根や外壁の塗り替えや、給湯器交換を考えていただく時期ですね。
 今、改装のお話が出ましたが、改装についてのご希望はございますか?


d0162214_12585499.jpg「最初は、部屋を板壁にする提案もいただいたんですけど(※2)
  部屋を広くしたいのでいりませんっていったんです。
  でも、作品が増えてあちこちにかけるんだったら、
  釘が利くように、板壁にしておいたらよかったなぁ。
  今でもちょっと作品をかけたい時などは、釘が利かないから、
  アンカーを打って無理矢理やってるんです。」

※2 板壁にする…渡辺様のお宅の壁はコンクリートのため、内側に壁をもう1枚作る工事を提案しました。

「1Fのギャラリーは、数年前にリフォームしてもらったんですよ。
  壁をふかして(※3)。」

※3 壁をふかす…本来の壁の内側に、もう1枚壁を作ること。

「壁をふかして、釘を打てるようにしてもらったんですよ。
  珪藻土のクロスを貼ってもらって、あれも良かった。
  部屋に温かみが出たような気がしますよね。
  住んでからでないと、わからないことがたくさんある。」

「だから、改装したくなってくるんです(笑)」

「ここ(リビング)も、壁をふかしてもらったら、大きな作品を飾れたんですけどね」

「今は、他の作家さんの小作品を飾ってます(笑)」

「普通の家より、壁がわりと多いから、自分の作品の展示には、ふさわしいというか、
  よく合う家なのに、自分の作品が飾りにくいのが、今、悔やまれてるところで。」

「で、改造するんだったら、『あそこも』『ここも』って思ってると全部になるんです(笑)
  相談したら、また素敵な提案がいただけるんだろうな。
  さっき言ったベランダ広げたいとか、夢ふくらむ感じですね。」

------------------------------------------------------------------


渡辺様のお住まいは、
リビングや和室も、ギャラリーやおしゃれなカフェのような雰囲気の、
心地よい、とてもステキな空間でした。


次回は、渡辺様の作家活動や経歴について、
お届けいたします。
(続きはこちらです!)
事務&Web広報担当のKです。

12月になりましたね。
12月と言えば、何と言ってもクリスマスですね!
そこで、弊社の事務所を、ちょこっとクリスマスっぽく飾りつけしてみました。

---------------------------------------------------------


まずは、給湯室の冷蔵庫の上。
d0162214_1301015.jpg

ここに…
d0162214_1304973.jpg
ツリーと、クリスマスカードです。

---------------------------------------------------------


そして、女子更衣室。
d0162214_1311552.jpg

自分のロッカーに…
d0162214_1314366.jpg
クリスマスカードです。

---------------------------------------------------------


給湯室のクリスマスカードも、更衣室のクリスマスカードも、私が描きました。
d0162214_132530.jpg

d0162214_132177.jpg




いかがでしょうか?

ちょっとしたことですが、
毎日がちょっと楽しくなりますね♪

皆様は、クリスマス、何かされていますか?
by pcon_phs | 2010-12-10 11:38 | その他