<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

古いスチール製雨戸をお使いのお客様へ


スチール製の雨戸をお使いのお客様から、
「雨戸の開閉がしにくいので、何とかしてほしい」
というご連絡を、たびたびいただきます。

d0162214_1748845.jpgこういう場合、たいてい戸車が傷んでいますので、
雨戸の戸車の交換をオススメしています。
戸車とは、引き戸の下部に取り付けてある車輪状の部品のことで、
戸の開閉を補助する役割を果たしています。

カンタンに交換でき、開閉がスムーズになりますよ!

スチール製の雨戸のメーカーが、倒産してしまったため、
雨戸に合った戸車というものは、存在していません。
そこで、弊社では、市販の戸車を微調整して使用しています。
(サイズの違いなどがありますので、そのままでは取り付けることができません。
 この微調整が、大工さんのプロの技です)

d0162214_12543324.jpg


また、建具のみの交換で、エコ雨戸に変身させることもできます。
雨戸が気になるというお客様は、一度、弊社にご相談下さい!
[PR]
河内の八尾から奈良の王寺に引っ越してほぼ10年、
時々ちょっと遠出の散歩をしています。
JR王寺駅から一つ目、法隆寺駅でおりての散歩。
仕事への行き来の車窓からよく眺めた風景である。

視野全体が田舎の風景画の様で、田園の中にポツンに建つ寺院。

世界文化遺産 法起寺 現存する最古の三重の塔

境内に入り、塔を下から見上げると、田園の中にポツンに建つ寺院の印象は消え、
古代建築物の木材の力強さと古代人の宗教心の深さを感じることが出来る。

d0162214_13374941.jpg


以前は、よくJR奈良駅まで乗って、東大寺南大門までの往復散歩をしていた。
同じ道を歩かない様にするのが、自分なりのこだわりである。
老舗のみやげ物屋・新しい店舗・外国人観光客・公園の鹿・修学旅行の学生・
猿沢の池周辺、ちょっとした観光気分が好きである。
前者と対象的な賑わいのある風景も、古都であるが故の雰囲気なのか。


何度歩いても、あきがこないのは、私が河内からきた観光客なのかもしれない。

                                内部勤務担当 S
[PR]
by pcon_phs | 2011-02-18 12:29 | その他
弊社の現場担当Kより、
カンタンでスピーディー、毎日がちょっと快適になる、
プチリフォームのご紹介です。


「サッシや障子が重たくて、開け閉めしにくい。」
「子供の力では、ラクに開け閉めができない。」
「もっとラクに開閉ができたらいいのに…」
そういったご要望はありませんか?

そういったサッシや障子に把手をつける、「後付け把手」がオススメです。

把手は、窓のTVコマーシャルでおなじみの、トステム製品。
握りやすく、操作しやすい「大型把手」や、小さな力で開閉できる「アシスト把手」を、
現在お使いのサッシや障子に取り付けます。

窓を新品に交換すると、少し大掛かりで、費用もかかってしまいますが、
後付け把手取り付けの場合、
 ①穴を開ける
 ②把手とストッパーを取り付ける
 ③把手をネジで固定する
 ④ネジかくしカバーを付ける
という手順で完成しますので、お手軽に工事ができます♪

d0162214_15334665.jpg d0162214_1534563.jpg




寒い季節には、ピッタリと閉められていた窓も、
暖かくなるこれからの季節は、開ける機会も増えると思います。
窓を開けて、春の空気を家の中に取り入れる。
そういった暮らしも、ちょっと素敵ですね。
[PR]
寒い冬のお風呂。
最初は熱かった浴槽のお湯も、実際に入浴する頃には、
すっかりぬるくなってしまって、追い焚きをする…
という経験は、どなたにもあるかと思います。

「追い焚きしなくて良いお風呂があったらなぁ…」

今年の冬は、特に寒かったので、冷え性の私はずっとそう思っていました。
(皆様は、そのように考えたことはありませんか?)

d0162214_1623647.jpg
実は、「お湯が冷めにくいお風呂」、開発されているんです!
ご存知でしたか?


最初に 「冷めにくいお風呂」 を、開発したのはTOTOで、
商品名を『魔法びん浴槽』と言います。


「外気温0度で6時間たっても湯温が2度しか下がらない」

という目標値のもとに、『魔法びん浴槽』は開発されました。


d0162214_12353417.jpg追い焚きをしなくて良い=節約とecoになります。
実際に、1年で、
ガス代は、5,878円(※1)お得!
CO2排出量は82キロ(※2)削減できます!
(※1・※2 どちらもTOTO想定の資産条件による)

個人的には、TOTOのHPに掲載されている、
魔法びん浴槽の開発秘話が面白かったです。


2月になって、弊社の事務所がある大阪は、
寒さが少し緩みましたが、まだまだ寒い日も続くかと思いますので、
魔法びん浴槽、オススメです!


TOTOのHPはこちらです!
http://www.toto.co.jp/

魔法びん開発秘話が掲載されている
「TOTOグリーンストーリー」は下記URLからどうぞ。
http://www.toto.co.jp/kankyo/channel/story/05/index.htm
[PR]