<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

皆様よくご存知だと思いますが、
お宅で発生するカビ、ダニを抑制することが健康をもたらすことについて、
本日は、一つ提案したいと思います。


d0162214_15282051.jpgこれから季節は寒い冬に向かっていきますが、
冬になると、例えば、
外気温と内気温との差により、ガラスに水滴がいっぱいつく といった
室内に結露が発生するお宅も多いと思います。

この結露が、カビやダニの発生の一因になります。

カビ、ダニの発生を抑制するためには、
室内の結露防止をすることが有効です。
その水滴をタオルなどでまめに拭きとればよいのですが、
知っていても、なかなか出来ませんね。

d0162214_15362352.jpgまた、住宅の断熱性が高いほど、せきやのどの痛み、アトピー性等の症状が改善されることが明らかになりました。
このことから、しっかりと断熱をされた家ほど、カビやダニが発生しにくいと考えられます。

以上から、結露防止・断熱性の向上が、
カビやダニの抑制にも重要とわかります。


結露防止・断熱性の向上を実現するためには、適切な断熱構造と空間暖房手段が必要です。
(相対湿度は40%~60%が理想です)

今年の冬は、例年より寒くなると予想されているそうです。
冬場も節電が要請されそうな、今年の冬。
断熱がしっかりされている家は、外からの寒気も防ぎますので、
節電効果も上がると思います。

住宅によって、適切な方法などが異なってまいりますので、
ご興味のある方や、詳細を知りたいという方は、
ピーコンホームサービスまでご連絡下さい。
メールはこちらからどうぞ。phs@pcon.co.jp
[PR]
by pcon_phs | 2011-11-29 09:03 | その他
今回は、弊社のお客様・K様へのインタビューをお届けいたします。

K様は、茶子(チャコ)ちゃんというベンガル猫と一緒にお住まいで、
茶子ちゃんとK様が一緒に生活しやすくなるためのリフォームを、
弊社がさせていただきました。

<リフォーム内容>
・玄関ドアの内側に、柵を設置
・キッチンとリビングの間に、柵状の扉を設置
・トイレのドアに、猫用出入り口を設置
 (茶子ちゃん専用のトイレも、人間用のトイレの中にあります)

-----------------------------------

d0162214_12485531.jpgQ.まずは、玄関ドア内側の柵について、ご感想をお願いします。
A.
うちは家の前が道路なので、玄関ドアを開けた時に、
  足元からパッと飛び出されたら見えないし、道路に出たら危ないしで、
  柵を作ってもらいました。
  (柵を設置してから)猫柵もあるし、玄関ドアもあるしで、
  部屋に閉じ込めておかなくて良くなりました。
  急いでる時に「猫がいない!」って探し回らなくても、
  すぐに出かけられますし。今は、家に帰ると柵の内側で待ってます。


Q.トイレの出入り口はいかがですか?
A.
以前は、ちょっとだけ、扉に隙間を開けてたんですよ。
  ちょっと扉の下に物をかませておいて、
  人間がトイレに入る時はそれをずらして戸を閉めて。
  今は、扉を閉めておけますし、
  (茶子ちゃんの)トイレの砂が、トイレの外に出ることもないですし、
  猫は電気がついていなくても平気で、自由に出入りするんですよ。
  その代わり、人間がトイレに入っていても、
  パッと入って来る時もあります(笑)


Q.キッチンに設置なさった扉はいかがでしょうか?
A.
(対面式キッチンの前の)テーブルから上がって、
  結局キッチンに入っては来れるんですけど、
  扉ができてから、下から入ってくることはなくなりました。
  人がいる時は怒られるので、対面式キッチンには上らないですしね。

  やっぱり台所は油が飛んだり、危ないんですよね。
  前は、料理中に下からサッと入ってきて、
  私がパッと後ろに下がったらそこにいて、しっぽ踏むとかね。
  猫は、音もなくスッと来るからこわいんですよね。
  踏んだ時に「ギャッ」とか言われて気付くとかね。


Q.その他に、良かった点はありますか?
A.
玄関の柵もキッチンの扉も、
  最初は茶子ちゃんももっと小さかったですから、
  通り抜けられへん幅で作ってもらいました。
  隙間が5センチもあったら出入りできたでしょうね。

  玄関の柵も、こういう上の方まであるデザインでも、
  ベタっと重くないし、牢屋みたいな圧迫感もないですしね、
  格子が感じ良いですね。

---------------------------------------------

d0162214_1253171.jpgその他にも、茶子ちゃんのお話を伺ったり、
写真を撮らせていただいたりしました。
茶子ちゃんの写真は、弊社HPのペット紹介ページにも
掲載させていただいております。
ぜひチェックしてみて下さい!
(URLはhttp://www.pcon-phs.co.jp/html/pet.shtmlです)

玄関やリビングなど、K様のお住まいは、インテリアなどもとても素敵で、
「魅せる家」だなと感じました。

K様、ご協力ありがとうございました!
[PR]
ピーコンのお住まいをご購入いただきましたお客様へ
定期的に点検についてはがきにてご案内いたしております。


d0162214_15185520.jpgお客様のお住まいを末永く快適にお住まいいただく
ための点検となっております。

ご案内のはがきが届きましたら返信欄にご希望の日時を
ご記入の上、ご返送ください。
後日担当よりお電話にてご連絡いたします。

ご返送戴きましたこのはがきは、今後の
アフターサービスの基本データーとさせて
頂いております。

d0162214_15181510.jpgお名前やご住所、電話番号など、
登録内容に誤りがございましたら、
訂正をお申し付けくださるようお願いいたします。

お送りします定期点検のはがきの例としまして、
雛形の画像を3点、左に掲載しておりますので
ご参照ください。


こちらからお知らせする定期点検のスケジュール例は
例えば下記の通りとなっております。

d0162214_15191411.jpg①定期点検6ヶ月
     ↓
②定期点検23ヶ月
     ↓
③白蟻防除中間点検5年
     ↓
④10年点検

※物件によっては、上記のスケジュールと回数や時期が異なる場合もございます。



なお、定期点検以外でも、気になる点などがありましたら、点検はいつでも無料でさせて頂いております。

保証の問題もありますし、故障個所の早期発見は家を長持ちさせる効果があります。

「点検」と聞くと、面倒な方もいらっしゃると思いますが、こまめな点検と補修を心がけて、
いつまでも、美しい家を保って頂ければと思います。
[PR]
by pcon_phs | 2011-11-22 09:03 | その他
先日、当社の給湯室のキッチンのリニューアルを行いました。

その際に、TOTOの最新式水栓「水ほうき水栓」を採用しました。
この水ほうき水栓、便利な機能がいっぱいです!
そこで本日は、水ほうき水栓について、体験も交えてご説明いたします。

d0162214_1533713.jpg



d0162214_17291830.jpg   【整流と水ほうき水栓】
   水栓の先端を回すと、従来の水栓(整流)と、
   ほうきのようなシャワー(水ほうき水栓)に
   簡単に切り替えることができます。

   この水ほうき水栓、水に勢いがありますので、
   がんこな汚れにもパワーを発揮してくれそうです。
   また、水ほうきですと、広い部分に水が当たりますので、
   大きなお鍋や食器なども、素早く洗うことができます。
   (水を使う時間の短縮は、エコにもつながりますね!)


d0162214_1735860.jpg   【伸びるシャワーヘッドでシンクのお手入れも簡単!】
   写真のように、シャワーヘッドを引き出して
   使うことができます。
   (しかも、けっこう長いです!ラクにシンクの端まで届きます)

   水流を水ほうきにして、シャワーヘッドを引き出すと、
   まるでほうきで掃き掃除をしているかのように、
   シンクの汚れなども流すことができます。



残念ながら、この「水ほうき水栓」は、単品での販売や水栓のみの交換はできません。
(TOTOのシステムキッチンを新しく設置なさる場合のみ、選んでいただくことができます)

TOTOのシステムキッチンをご検討中の皆様、
ぜひ、一緒に「水ほうき水栓」もご検討下さい。

もちろん、他にも様々な水栓がありますので、機能はもちろん、デザインや予算からも、
お気に入りの一品を見つけて下さいね!

TOTO 水ほうき水栓についてのHP(動画あり)はこちらです。
http://www.toto.co.jp/products/kitchen/k00019/suisui/mizuhouki.htm

その他、TOTOシステムキッチン 水栓金具・浄水器のHPはこちらです。
http://www.toto.co.jp/products/kitchen/k00019/tokuchou/t_suisen.htm
[PR]
皆様、11月10日は「いいトイレの日」だということ、ご存じでしたか?

今年で7回目を迎える、TOTO主催の「トイレ川柳大賞」
10月25日に、入賞作品の発表がありました。


最優秀賞の作品は、
「客が来る 便座のスイッチ オンにする」 でした!

個人的にお気に入りなのは、優秀賞の
「振袖で 入るトイレは サスペンス」
思わず、そうだよね!とニヤリとしてしまいました。


今年の川柳につきましては、コピーライターの仲畑 貴志審査員の
 「今回のトイレ川柳には、やはり震災の影響が見られました。
  あらためて、普通に食べて、普通に暮らすという、あたりまえの日常の貴重さに気づいたのです。」
というお言葉が、心に残りました。


入賞作品は、トイレットペーパー型川柳集として、11月10日から発売されています。

毎年、7月上旬から8月末に募集、10月に入賞作品発表となっているようです。
「来年は、私も一句ひねろう」と思いつつ、応募しそびれましたので、
来年こそは!チャレンジしてみたいです。

d0162214_11104018.jpgその他入賞作品は、こちらから、ご覧になれます↓
http://www.toto.co.jp/senryu/2011/award.htm

トイレ川柳のURLはこちらです↓
http://www.toto.co.jp/senryu/index.htm

川柳集は、下記URLからもご購入頂けます。
http://www.toto.co.jp/senryu/2011/store/index.htm

TOTOのHPはこちらです→http://www.toto.co.jp/

※このブログで引用した川柳の著作権は、全てTOTOに帰属しています。
[PR]
by pcon_phs | 2011-11-14 10:03 | その他
今回は、いつもと趣向を変え、国土建設が建主のビル、
『K2ビルディング』について、簡単にご紹介したいと思います。






K2ビルディングは、弊社の親会社である
国土建設株式会社が平屋2階建の旧社屋を建て替え、
1990年に完成したビルです。
現在は、国土建設のショールーム「エスタンシア」、
グループ会社のK2コーポレーションをはじめ、
郵便局や美容室、クリニック、NHKカルチャーセンター、
様々なオフィスなどのテナントが入る大型商業施設です。
(なお、国土建設も、弊社ピーコンホームサービスも、
 現在は別の社屋を使用しております)

1990年当時、K2ビルのある京橋は、
「国際花と緑の博覧会」(花博)開催に合わせ、
地下鉄の駅や京橋公園など、街が整備されていました。

そのような中で、建築家 篠原一男氏設計による
K2ビルディングが完成。
デザイン性の高さなどから、複数の建築雑誌に掲載され、
現在でも、建築ファンの方々のHPで紹介して頂くなど、
高い評価を得ています。

d0162214_1534093.jpg築20年以上経ちますので、
やはり傷みも出てきているのですが、
今でも立派なビルと言えるだろうと自負しております。

なお、修繕は弊社 ピーコンホームサービスが
中心となって行なっております。
(修繕の模様なども、ご要望があれば、
 ブログに掲載したいと思います)


いよいよ秋も深まり、芸術にも、お出かけにもふさわしい季節となってまいりました。
京橋までお越しの際には、ぜひ一度、K2ビルディングもご覧下さい。

<K2ビルディング>
住所    : 大阪市都島区東野田町2丁目9-7
設計    : 篠原一男
用途    : オフィス・商業施設
竣工    : 1990年3月
構造    : 鉄骨鉄筋コンクリート造
規模    : 地上8階、塔屋1階、地下1階
延床面積 : 9913平方メートル
[PR]
by pcon_phs | 2011-11-11 09:14 | その他
今回は、お客様から質問のあった
「LED照明の効用」について、ご説明したいと思います。


■LEDとは■
Light Emitting Diodeの略であり、
直訳すると「光を放つダイオード」の意味。
順方向に電圧を加えた際に発光する半導体素子のことで、
米イリノイ大学の Nick Holonyak Jr.氏によって開発されました。第4世代のあかりとして発展が期待されています。

■LEDの主な特徴■
 1. 40,000時間の超寿命(白熱球の20倍、蛍光灯の6倍)
 2. 低消費電力で省エネ  (白熱球の83%、蛍光灯の60%削減)
 3. CO2削減      
 4. 無水銀・無鉛・無カドミウム
 5. 赤外線、紫外線放射が少ない
 6. 軽量で衝撃に強い   (ポリカーボネイトカバーの素材)
 7. 維持費の削減      (高輝度・高効率化が持続的に進行)


先日、通天閣のネオンもLEDにリニューアルするというニュースもあり、
LEDのニーズの高まりを感じております。
ご家庭でも、ぜひLEDを取り入れて、賢く節電・賢くエコ生活を送って頂きたいと思います。

ご不明な点などリフォームスタッフに何なりとご相談ください。
また、住宅に関する疑問や質問などもございましたら、
お気軽に弊社までお問い合わせ下さいね。

㈱ピーコンホームサービス
phs@pcon.co.jp

d0162214_1744658.jpg
[PR]
by pcon_phs | 2011-11-08 09:00 | その他
今回は、簡単リフォームとしまして、
「玄関ドアの扉の交換」のカバー工法について、ご紹介したいと思います。

d0162214_17255693.jpg
d0162214_17262040.jpg


10/21ブログのカラーベスト屋根でも紹介させていただいた
「カバー工法」は、玄関ドアの扉交換でも採用されています。

昔は、「扉だけ交換したい」と思っても、
ドア枠の交換も同時に必要であったり、
床タイルや内外装も一緒に変更しなければならなかったりと、
時間もお金もかかるものでした。

d0162214_17263413.jpgしかし、現在の工法は、
 ①古いドアを取り外し、無目・法立などの不要な部分をカット
 ②サイズを合わせた新しいドアと枠を取り付ける
 ③古い枠が見えないように、内外に飾り額縁取付け
という手順になっています。

現地施工1日という短期間で工事が完了しますし、
床タイル、内外装を変える事なく完了させられる点が魅力です。

また、最近は、サムターン・2ロックなど、
防犯に配慮されている扉が多数登場していますので、
玄関ドアの扉の交換は、セキュリティー強化にも一役買います。

デザインやカラー、把手の種類も色々ありますので、
お気に入りの商品を見つけてみてください。
ご相談などがありましたら、お気軽に弊社までお問い合わせ下さいね!

㈱ピーコンホームサービス
お電話 0120-591-018(携帯電話からは06-6351-9566)
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
phsmagazine@pcon.co.jp
[PR]
先日お伝えしました住宅エコポイントの年内再開につきまして、
新しい動きがありましたので、お知らせいたします。

平成23年10月21日「平成23年度第3次補正予算案」が閣議決定され、
住宅エコポイント制度の再開が位置づけられました。 

弊社は、住宅のリフォーム会社ですので、
リフォームに関しての発表をお伝えいたします。                                                                   

■通称・目的■
通称:復興支援・住宅エコポイント
目的:住宅の省エネ化、住宅市場の活性化、被災地復興支援


■ポイント発行対象・ポイント数■
工事内容に応じ2千~10万ポイント
(上限30万ポイント。ただし、耐震改修工事はポイントを別途計算し、上限が45万ポイントとなります)


・窓の改修工事、外壁、天井・屋根又は床の改修工事
 併せて以下の事等を行う場合はポイント加算
・バリアフリー工事(上限5万ポイント。工事内容に応じ5千~2万5千ポイント)
・省エネ住宅設備の設置2万ポイント(太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽)
・耐震改修工事:15万ポイント
・リフォーム瑕疵保険加入:1万ポイント


■ポイント交換対象商品■
・省エネ・環境配慮商品
・環境寄付
・追加工事への即時交換
・被災地への義援金・寄付
・被災地の産品・製品
・被災地の商品券等

「環境」と「被災地支援」に重点を置き、「被災地支援」にポイントの半分以上を充当するとのことです。

そのため、今回は、
全国型の商品券・プリペイドカードや、
被災地以外の地域産品・商品券への交換は行わないそうです。
(被災地の産品製品被災地の商品券等の要件については別途定めるとのことです)


■工事対象期間■
リフォーム: 平成23年11月21日~平成24年10月31日


■ポイント発行申請期間■
リフォーム: 平成25年1月31日まで。
ただし、
共同住宅等(階数10以下)で耐震改修を行うものは 平成25年10月31日まで
共同住宅等(階数11以上)で耐震改修を行うものは 平成26年10月31日まで


詳細につきましては、こちら(http://www.mlit.go.jp/common/000170253.pdf)をご覧ください。
(PDFデータです)

今後、住宅エコポイントの発表は、
国土交通省HPの住宅エコポイントに関するページ
(http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000017.html)

こちらでも公開されると思われますので、要チェックでお願いいたします!



[PR]
by pcon_phs | 2011-11-01 09:00 | その他