人気ブログランキング |

<   2013年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

前回のブログで、竜巻対策として、雨戸やシャッターを見直すことをオススメしました。

ですが、雨戸やシャッターを必ずしも閉められるとは限りませんし、
外側だけではなく、窓ガラスそのものを割れにくいものにすることも
有効ではないかと思います。

残念ながら、「竜巻対策」を謳った窓ガラス というものは、
調べた限りでは製造されていないようです。

d0162214_18194110.jpg竜巻にどの程度効果があるかはわかりませんが、
割れにくい窓ガラスとしましては、防犯ガラスが考えられます。

ガラスとガラスの間に特殊な膜を挟みこんだ合わせガラスで、
破られにくくなっています。

防犯性に加え、紫外線カットや断熱効果など、
うれしい機能もいっぱいです。

窓ガラスをリフォームなさる時は、一度ご検討下さればと思います。


お住まいのメンテナンスのご相談等は、お気軽に、
ピーコンホームサービスまでご連絡下さい。

株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp
HP :http://www.pcon-phs.co.jp/
秋らしい風を感じるようになってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

9月初めに発生し、大きな被害をもたらした竜巻。
お住まいを守るために、安全のために、リフォームでできることはないかと調べてみました。

すでにご存じの方も多いと思いますが、
竜巻の場合、窓が割れることによってけがをなさるなど、
被害がより大きくなるケースが多いです。

よって、窓の割れを防ぐことが、被害を軽減させるのに有効と考えられます。

そこで見直したいのは、雨戸やシャッター。

手動シャッターが重たい・使いにくい という場合は、
電動シャッターへの変更なさるのも良いかと思います。
詳細はこちらのブログをご覧ください。
http://phsreform.exblog.jp/12873065/



引き戸が重たい という場合は、
戸車(戸の下部についている、小さな車輪状の部品)を
交換するだけで、使いやすくなるかもしれません。
詳細はこちらのブログをご覧ください。
http://phsreform.exblog.jp/12850159/


ガタついた雨戸は強風で外れやすいので、
スムーズに動くようにしておくだけで、効果があると思われます。

普段からのシャッターのメンテナンスや、
日々のシャッターの開閉のやり方も大切です。
お手入れや、扱い方を見直すだけで、
スムーズに開閉ができるようになるかもしれません。
リフォーム前に、一度チェックしてみて下さい。
詳細はこちらのブログをご覧ください。
http://phsreform.exblog.jp/15898380/



お住まいのメンテナンスのご相談等は、お気軽に、
ピーコンホームサービスまでご連絡下さい。

株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp
HP :http://www.pcon-phs.co.jp/
9/17公開のブログでは、フローリングのカラーについてお届けしました。
本日は、フローリングに合わせた壁紙のコーディネートについて、ご説明いたします。

----------------------------------------------------

フローリングのカラーには、黄色系・オレンジ系・赤系があること、
フローリングのカラーによって、得意とする
インテリアコーディネートがあることをお伝えしました。

d0162214_15514257.jpgフローリングを選び終わったら、次は壁紙です。
壁紙を選ぶ際は、フローリングに合わせて
 ・黄色系フローリングには、黄色がかった色
 ・オレンジ系フローリングには、オレンジがかった色
 ・赤系フローリングには、赤みがかった色

を選らばれますと、まとまりがあるコーディネートになります。

もし、他の色味がかった色を選んだ場合…例えば、
黄色系フローリングに、オレンジがかった色や赤みがかった色を選んだ場合、
フローリングもしくは壁紙がくすんで見えたり、ちぐはぐな印象になったりします。


実際に、壁紙のサンプルとフローリングのサンプルを並べて見てみましょう。

d0162214_155515100.jpgd0162214_15561785.jpgd0162214_15563412.jpg


※より大きな画像をご覧になりたい方は、画像をクリックして下さい。

黄色系同士、オレンジ系同士、赤系同士の組み合わせが
一番なじんでいることがご理解頂けるかと思います。


「白い壁紙なら、どれでも合うんじゃないの?」
と、私も思っていましたが、壁紙も「真っ白」というものはなくて、
よく見ると、全て薄く色見がかった白となっていますので、
やはり、色合わせが大切になってきます。

居心地の良い空間にするためは、素材などだけでなく、見た目もとても重要です。
お部屋のリフォーム時に、今回ご紹介した内容をお役立て下さればと思います。


お住まいに関するご相談は、お気軽に、ピーコンホームサービスまでご連絡下さい。

株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp
HP :http://www.pcon-phs.co.jp/
by pcon_phs | 2013-09-20 10:01 | その他
インテリアコーディネーターのKです。

弊社は住宅のリフォーム専門会社ですが、家の増改築においても、単に設備などを新しくするだけではなく、
そこで暮らす方々のライフスタイルに合わせて、家をグレードアップさせることや、
デザイン性を向上させることも、今後重要になってくると思います。
そのため、少しずつですが、住まいのデザイン性についても勉強しています。

そこで今回は、最近学んだ内容をご紹介いたします。

----------------------------------------------------

フローリングやドアなど、室内のインテリアの代表的な素材は「木」です。
木と言えば、カラーは茶系ですね。
d0162214_17271719.jpg
実際に、フローリング等のカラーをご覧になったことがある方は
ご存知かと思いますが、ひとくちに「茶系」と言っても
さまざまな色味があります。

なぜ、さまざまな色味があるのか。

「茶色」というのは、もとは、オレンジ色を濁らせた(濁色化した)
カラーなのですが、オレンジ色にもまた、さまざまな色味があります。

おおまかに分類しますと、
 ・黄色系オレンジ
 ・赤系オレンジ
 ・黄色系でも赤系でもない、中央値のオレンジ

以上3種類になります(右の図をご参照下さい)。


なぜ、フローリングから考えるのが良いかと申しますと、
フローリングの色味によって、得意とするインテリアのテイストがあるからです。

d0162214_17412163.jpg■黄色系に似合うインテリア■
 ・カントリー
 ・ナチュラル
 ・和モダン


d0162214_17422534.jpg■中央値のオレンジ系に似合うインテリア■
 ・クラシック
 ・シンプル
 ・北欧調


d0162214_1748503.jpg■赤系に似合うインテリア■
 ・クラシック
 ・クラシカルモダン
 ・モダン


黄色系にも、ダークな色味もありますし、赤系でも、明るい色味のものもありますので、
必ずしも上記の分類が当てはまるとは限らないかと思いますが、
フローリングのカラーを決めてから、インテリアのテイストを決める
もしくは、どのようなインテリアのテイストにするかを考えた上で
フローリングのカラーを決められると、よりまとまったコーディネートになると思います。


リフォームのご相談等は、お気軽に、ピーコンホームサービスまでどうぞ。

株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp
HP :http://www.pcon-phs.co.jp/
by pcon_phs | 2013-09-17 09:30 | その他
TVなどでよく報道されていますので、ご存じの方も多いと思いますが、
火災保険で、自然災害の「風災・ひょう災・雪災」に入っている場合、
竜巻は「風災」に当たり、保険金支払いの対象となります(建物や家財が被害にあった場合)。

ただ、保険金が支払われる場合に「竜巻」が明記されていないケースもあるそうで、
竜巻を「旋風」と解釈した場合、保険金支払いとなるそうです。

正しい査定をしてもらうために大切なのは、
「損害現場の写真を撮っておくこと」

竜巻の場合、家の中がぐちゃぐちゃになることも多いようなので、
すぐに片づけをしたくなりますが、まずは写真を撮っておきましょう。
撮影はスマートフォンでも良いそうです。

屋根など、撮りづらい場所につきましては、こちらで修理前に写真をお撮りします。

災害予防とともに、覚えておいて下さればと思います。


修理のご相談等は、ピーコンホームサービスまで。

株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp
HP :http://www.pcon-phs.co.jp/



http://allabout.co.jp/gm/gc/19387/
http://insurance.yahoo.co.jp/fire/info/accident_06.html
現代アートで飾られたトイレを展示することで、
中心市街地と、そこを訪れる人を結ぶ・にぎわいを創り出す―

3年に一度開かれる国際美術展覧会「トリエンナーレ」をもじった
「トイレンナーレ」を開催する構想があるそうです。

「トイレという空間をアートの力で開放し、
 トイレから大分市のまちをひらいていく」
という趣旨のイベントで、開催は2015年の予定だそうです。

どのようなイベントになるのか、個人的には、
2020年の東京五輪と同じくらい気になるニュースです。

http://202.218.150.141/oita/news.php?k_id=45000001309050002

--------------------------------------------------------

トイレのリフォームなら、ピーコンホームサービスにお任せ下さい。
株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp
HP :http://www.pcon-phs.co.jp/

弊社のトイレリフォームについての紹介ページはこちらです。
http://www.pcon-phs.co.jp/ex/wc.html
by pcon_phs | 2013-09-10 11:21 | その他
昨年9/25公開のブログで、排水管のトラブルを防ぐために、
「熱湯を流さない」「トイレのお掃除シートを流す時の注意」について、説明いたしました。
ですが、排水管を守るために、気をつけてほしいことは他にもあります。
本日は、その他の内容について、ご説明します。

-------------------------------------------------------------

■わんトラップのわん部分を外したままにしない■

d0162214_1864564.jpgトラップ(排水トラップ)とは、下水から侵入してくる
悪臭やガス、害虫やねずみを防ぐための器具や装置のことです。
わんトラップとは、伏せたお椀やベルのようなものが
取り付けられているものを指し、台所や浴室の排水口で使用されています。

このわん部分がにおいや虫をブロックしていますので、
外したままにしないで下さい。

「ゴミを流したい」と、わん部分を外しっぱなしにしますと、
ゴミを流してしまいますと、詰まりの原因にもなります。


■油を流さない■

d0162214_1834264.jpg流した油は排水管の内側に固まってこびりつき、少々のことでは取れません。
詰まりやにおいの原因になるだけでなく、下水が逆流することもあるそうです。
少ない油でも、お皿やお鍋はふき取ってから洗う、
古い油は吸い取ってごみとして捨てる ということを徹底しましょう。


■シャンプーや液体洗剤を処分する時は…■

そのまま流しますと、排水管で泡立ち、逆流することがあるそうです。
シャンプーや液体洗剤を処分する時は、
布や紙に吸わせてゴミとして処分するようにしましょう。


■洗浄はプロに任せて詰まりを防ぎましょう!■

排水管のお掃除用の洗剤も販売されていますが、
例えば排水口付近よりもっと先、
下水につながる太い排水管に溜まる汚れなど、
市販の洗剤だけでは落としきれない汚れがあります。
定期的に、洗浄をプロにお任せすることをオススメいたします。

弊社でも、排水管洗浄を承っております。
詳細はこちらをご覧ください。

-------------------------------------------------------------

今回ご紹介した内容は、簡単に取り入れて頂けることばかりかと思います。

排水も人生も、スムーズに流れると気持ちが良いものです。
排水は、生活していく上で絶対に発生するものですので、
日常生活のちょっとした心配りで排水管トラブルを減らして、
長く快適に暮らして頂けたらと思います。



ご質問やご不明な点、お知りになりたい情報などがありましたら、
お気軽に、ピーコンホームサービスにご連絡下さい。

株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp
HP :http://www.pcon-phs.co.jp/
by pcon_phs | 2013-09-06 11:16 | その他
すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、
インスタントコーヒー「ネスカフェ」が9/1より刷新されました。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD280NL_Y3A820C1TJ0000/

今後、ネスカフェは「インスタントコーヒー」という呼称をやめ、
「レギュラーソリュブルコーヒー」という呼称にするそうです。
(ソリュブルとは、「溶ける」という意味の英語だそうです)

インスタントコーヒーとは、コーヒー抽出液から水分を飛ばしたもので、
水分を加えれば、元のコーヒーに戻ります。
「レギュラーソリュブルコーヒー」は、コーヒー豆から抽出した液に、
加工したコーヒー豆の細かい粉末を混ぜることで、香りを強くした製品だそうです。

弊社でも、特に冬場はインスタントコーヒーを愛飲している社員が複数いますので、
見かけたら買ってみたいと思います。


おいしいコーヒーを入れるためには、お湯も必要ですね!
コーヒーを淹れるのに最適なお湯の温度は80~90度、
沸騰したお湯を冷ますのではなく、沸騰する前に火を止めるのが良いそうです。

ところで、お湯と言えば、皆様は、熱湯をそのまま排水口に流していませんか?
一度、こちらのブログでも取り上げましたが、
排水管トラブルを防ぐために気をつけて頂きたいことがあります。
次回は、排水管トラブルを防ぐためにどうしたら良いか、ご紹介したいと思います。
by pcon_phs | 2013-09-03 09:04 | その他