人気ブログランキング |

<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

そろそろ梅雨の季節も近づいてまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今回は、「雨」に関連する話題として、
タキロンの“サイホン雨どいシステム“について、ご紹介いたします。

d0162214_943598.jpg



“サイホン雨どいシステム“ ここがすごい!

■排水能力■

たてどい(雨どいのうち、縦に設置されているもの)の内部を満水状態にすることで、
吸引作用を発生させ、飛躍的に排水量を増大させています。
(水の吸引作用の発生を「サイホン現象」と言います)
その排水能力は従来の雨どいの1.5倍以上です。

d0162214_9594245.jpg


■コストダウン■

排水能力が上がると、雨どいの本数を減らすことができ、コストダウンにつながります。


■外観が変わる■

従来の雨どいは、直径60mmの丸型が一般的ですが、
この“サイホン雨どいシステム“の雨どいは、40mm×40mmの角型で、
従来品よりスリムでスッキリしたデザインです。
雨どいの本数を減らせることからも、外観をスッキリとしたデザインにできます。

d0162214_1031391.jpg


お住まいには絶対必要な雨どい。
雨の季節の前に、少し見直してみられてはいかがでしょうか?


サイホン雨どいシステム 特設サイト
http://www.takiron.co.jp/product/product_02/sin_amadoi/


タキロンHP
http://www.takiron.co.jp/



株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/




初夏らしいお天気が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて。
d0162214_17581523.jpg弊社の家庭菜園、昨年はきゅうりの苗を買って育てましたが、
今年はゴーヤを種から育ててみよう!ということで、
先日種を蒔きました。
今年も、植木鉢で育てます。

ゴーヤは今が種の蒔き時とのことです。
グリーンカーテンに興味がおありの方は、
ぜひ種を蒔いてみてください。
一緒に楽しみましょう!

d0162214_1803545.jpgまた、野菜ではありませんが、
八千代けいとうの種も蒔きました。
気が早いですが、今から開花が楽しみです。


弊社の家庭菜園についてのブログURLを記載しておきますので、
そちらも併せてご覧ください。

家庭菜園にトライ!
http://phsreform.exblog.jp/18527209


オスス7メ家庭菜園方法
http://phsreform.exblog.jp/18534615


庭で家庭菜園をする時の注意事項
http://phsreform.exblog.jp/18535104



株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/




by pcon_phs | 2014-05-27 11:09 | その他
四季折々の花。
鮮やかな花たちは、私たちの目を楽しませてくれます。
今の季節、散歩などでも、色とりどりの花を見ることができますね。


以前、弊社でリフォームをさせていただいたY様
ガーデニングがお好きなY様のお宅は、今、バラが見ごろとのことで、
本日は、Y様のバラの画像をご紹介いたします。

Y様へのリフォームインタビューはこちらをご覧ください。

※大きな画像でご覧になりたい時は、画像をクリックして下さい。
d0162214_16255951.jpgd0162214_16262416.jpgd0162214_132584.jpgd0162214_1626447.jpg
d0162214_16294823.jpgd0162214_1630090.jpgd0162214_16293752.jpgd0162214_16303944.jpg
d0162214_16311636.jpgd0162214_16301128.jpgd0162214_16305444.jpgd0162214_1631519.jpg


「バラ」とひと口に言っても、色も種類も多様で、
どのバラも美しいですね。
今回ご紹介した画像以外の種類のバラも、
Y様は育てていらっしゃるそうです。
Y様、素敵な画像をありがとうございました!


皆様のご自慢のガーデニングや暮らしの工夫など、
お住まいに関する情報を弊社ブログで世界に発信しませんか?

弊社メールアドレスphs@pcon.co.jpまで、
メールで画像等をお送り下さい。


株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/




by pcon_phs | 2014-05-23 09:57 | その他
「トイレ」というと、
”床の上に便器が置かれているもの”
”床と便器が直に接しているもの”
そういうイメージをお持ちの方が大半だと思います。

例えば、こちらの画像のように。

d0162214_12573589.jpg




ところが、
先日発見したのですが、
TOTOのトイレ「レストパルF」は、
便器が床から浮いています。

d0162214_1302977.jpg




初めて見た時は、私もびっくりしました。
なお、TOTO製品のトイレでも、床から浮いているのは、
こちらの「レストパルF」のみとなっております。

便器が床から浮いているので、お掃除もラクラク!
便器背面のキャビネット内にスタンドを設置し、固定しているとのことで、
便器が床から浮いていても強度は十分にあります。

すそが絞られ、すっきりとしたデザインの便座は、
従来のトイレ空間より広く感じさせる効果もあります。

他の設備や場所のリフォームももちろんですが、
トイレリフォームも、機能性に加え、デザイン性も兼ね備えた製品をお選びになると、
きっと、日々の生活を更にハッピーにできますよ!

今後も、このような素敵な製品を見つけましたら、
またこちらで紹介させていただきたいと思います。


TOTO レストパルの詳細ページはこちらです。
http://www.toto.co.jp/products/toilet/restpal/index.htm


TOTOホームページはこちらです。
http://www.toto.co.jp/index.htm



トイレリフォームもお任せ下さい!

株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/




by pcon_phs | 2014-05-20 09:33 | その他
いつも当社のネット販売をご愛顧下さいまして、誠にありがとうございます。

本日は、当社のネット販売で新たに取り扱いを開始する商品について、ご紹介いたします。


日本スティーベル株式会社 24時間熱交換換気システム「LWZシリーズ」の
交換用フィルター G3クラス LWZ-170/270用です。




LWZ-170/270用 交換用フィルターG3クラス
10枚入り ¥9,800- (消費税・送料込)


フィルターは全部で3種類ですが、こちらのG3クラスが標準仕様となります。
交換・清掃は3ヶ月に1度が目安となっておりますので、
「そろそろ時期かな」という時は、お気軽にご利用いただけたらと思います。

ご注文は下記URLよりお願いいたします。

ピーコンホームサービスHP
LWZ-170/270用 交換用フィルター G3クラスのページ
http://www.pcon-phs.co.jp/goods/goods09.html


ピーコンホームサービスHP ネット販売のページ
http://www.pcon-phs.co.jp/goods/

ピーコンホームサービスHP
http://www.pcon-phs.co.jp/



株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/




大変お恥ずかしい限りですが、弊社の給湯室のシンクは、
しつこい水垢がこびりついています。

d0162214_16281587.jpg


今までいくつかのお手入れ方法を試したのですが、
なかなかきれいにすることができませんでした。

そんな中、「クエン酸が効く」ということを知り、
クエン酸を使ったお手入れ方法を試してみたところ、改善の兆しが見えました!

そこで本日は、クエン酸を使ったシンクのお手入れ方法について、紹介したいと思います。


【準備するもの】
 ①クエン酸 (ドラッグストアなどで購入できます)
 ②キッチンペーパー
 ③ラップ
 ④メラミンスポンジ(げきおちくんなど)

d0162214_16294789.jpg【手順】
(1)水200ccにクエン酸大さじ1杯を溶かし、
   クエン酸水を作り、キッチンペーパーを浸します。
   キッチンペーパーは使用する場所に合わせて、
   あらかじめ切っておくとやりやすかったです。
 

d0162214_16303027.jpg(2)クエン酸水に浸したキッチンペーパーを
   お手入れする場所に敷き詰めます。


d0162214_1631852.jpg(3)ラップで覆って10~20分ほど置き、
   時間が来たらラップとキッチンペーパーをはがして
   メラミンスポンジでこすります。




手順は以上です。
お手入れ前と後の画像を見比べて下さい。
効果があることがおわかりいただけるかと思います。

d0162214_16314729.jpg



ただ、残念ながら、まだ完全に水垢が落ちたわけではありませんので、
何回かお手入れしてみようと思います。
(皆様は、ここまで水垢がひどくなる前に、お手入れをしていただけたらと思います)


クエン酸は、水垢やせっけんかすに使うと効果的です。
シンクの他に、お風呂や洗面所など、水周りのお手入れに最適です。

専用の洗剤をそろえると、収納場所もお金も必要になってきますが、
今回紹介した「クエン酸」と、
以前、ブログで紹介した「セスキ炭酸ソーダ」をそろえておくと、
色々な場所のお手入れができて、個人的にはオススメです。

「家庭でできるプチメンテナンス」シリーズには、色々とお役立ち情報を掲載しております。
一度、他の箇所のお手入れ方法などにつきましても、
チェックしてみて下さいね!

また、「この場所のお手入れってどうするの?」というご質問がありましたら、
調べてこちらのブログで紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。


株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/




前回のブログで、労働安全衛生大会についてお届けしました。
本日は、今年の労働安全衛生大会でも発表した、とある安全対策例について、
ご紹介したいと思います。

脚立、梯子の事故は平成20年度から急激に増加し、弊社も過去に
脚立使用時の事故がありました。
そこで、弊社と取引をしているとある業者が、対策を考えてくれました。
写真の方がわかりやすいかと思いますので、こちらをご覧ください。

これが、工具(Fクランプ)の写真です。

d0162214_14364542.jpg



この工具を使い、脚立を固定し、倒れないようにします。
実際に使用した時の写真がこちらです。

d0162214_14404680.jpg

d0162214_14411559.jpg

d0162214_14412772.jpg



以上の例は、対策の方法としてはとても簡単に行え、効果も抜群です。
労働安全衛生大会で発表することにより、他社にも取り入れてもらえるだろうと
期待しています。

工事を行う上では作業者の安全もとても大切です。
お客様の満足度アップと同時に、
作業者の安全度アップも、もっと追及していきたいと思います。


株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/




by pcon_phs | 2014-05-09 09:18 | その他
本日は、4月13日に開催した平成26年度労働安全衛生大会について、
レポートをお届けいたします。

毎年国土建設と合同で行っている労働安全衛生大会と親睦会を、
今年は某ガーデンホールにて開催いたしました。

まず、安全衛生協力会総会、並びに安全衛生研修会も同時に行い、
日頃の現場での安全活動の実施とその対策などの発表を行いました。

また、弊社の今年のテーマである
『みんなで進めようリスクアセスメント、めざそう快適な職場づくり』について、
グループディスカッションし
昨年度の振り返りから、各グループに与えられた現場写真を見て
現場に潜んでる危険性をを見つけ出し、その安全対策を打ち出しました。

その後、各グループで話をまとめ、発表を行いました。
「発表を行う」ということで、よりいっそう気合を入れて話し合いを行う、
それが今回の狙いでした。

やはり、現場の安全はとても大切です。
お客様の満足度を高めるということはもちろんですが、
今後も、現場での事故ゼロを目指し、精進していきたいと思います。


d0162214_17284640.jpg




by pcon_phs | 2014-05-02 09:13 | その他