人気ブログランキング |

<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

弊社では、常時「ご紹介キャンペーン」を実施しております。


「ご紹介キャンペーン」とは・・・

例えば、A様が弊社にB様をご紹介下さり、

d0162214_11163094.jpg


B様が、弊社と100万円以上の工事を契約して下さった場合、
A様・B様それぞれに、1万円分の商品券をプレゼントしております。

d0162214_11285873.jpg



※商品券は、100万円以上の工事の契約成立後にお渡しいたします。
※ご紹介は、事前の登録制とさせていただきます。
  すでに弊社との商談が進行中のお客様については、対象外とさせていただきます。

ご友人やお知り合い、ご親戚など、
皆様の周りにリフォームをお考えの方はいらっしゃいませんか?
いらっしゃいましたら、ぜひ弊社にご紹介下さい。


詳しく知りたい という方は、お気軽に弊社までお問い合わせ下さいませ。

株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/






以前のブログで、畳の並べ方の不思議について説明しましたが、
畳には、他にも正しい並べ方があります。

今回は、床の間の前の畳の並べ方についてです。

床の間のある部屋では、床の間に対して直角に畳を並べてはいけません。
下の画像のように、床の間に対して平行に並べます。

d0162214_1234948.jpg


なぜかと言いますと、
床の間の前は上座、つまり、お客様が座る場所。
NGの方の並べ方ですと、お客様が縁の上に座ることになってしまうからです。

また、床の間には、冬季や掛け軸、花などを飾りますが、
床の間を鑑賞した後に、畳の目が合っていないため、
ひざをすって後ずさりできない という理由もあります。

知っておくとちょっと楽しい、畳トリビアでした。




株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/






by pcon_phs | 2014-09-19 09:44 | その他
少し前、不動産広告のチラシをふと見た時に
「RC造」という言葉に目が留まりました。

それ以降、気にするようにしているのですが、
不動産の広告では、時々「S造」「RC造」といった表現を見かけるがあります。

皆様は、これらの言葉の意味をご存知でしょうか?

「S造」の「S」は、「Steel」の略で、鉄骨構造を表し、
「RC造」の「RC」は、「Reinforced-Concrete」の略で、鉄筋コンクリート造を表しています。
(Reinforcedは"補強する”という意味です。リーインホースと読みます)

(ちなみに、木造を「W造」と表記する場合もあるようですが、
 私は「W造」という表記はまだ見たことがありません)


また、それぞれの構造によって、長所も違います。
ざっとまとめますと、下のようになります。

d0162214_1513484.jpg



一軒家の場合、日本では木造が一番多いですが、他の構造の場合ももちろんあります。
お住まいをお選びの際や、不動産のチラシを眺める時に、
構造もチェックなさると、より良いお住まい選びができるかもしれませんね。


株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/






by pcon_phs | 2014-09-12 11:18 | その他
本日は、室内ドアや床材のメーカー、DAIKENの製品「ひきドア」について、
ご紹介させていただきます。


d0162214_11301831.jpg


タイトルにもしましたが、この「ひきドア」、
引き戸のように開いた後に、さらに開き戸のように開くことができます。

d0162214_11251446.jpg


文章や画像だけではわかりにくいかと思いますので、
よろしければ、DAIKENの動画サイトもご覧ください。
http://www.daiken.jp/mobile/door2013/


ひきドアは、DAIKENの高齢者住宅・施設向け「おもいやりシリーズ」のひとつで、
引き戸に開閉機能を持たせた扉は業界初なのだそうです。
介護用トイレは広さが必要ですので、一般のトイレを介護用とするためには、
トイレ拡張工事を行うことが一般的ですが、
ひきドアを採用すれば、大掛かりな工事は不要になると思います。

私も展示されている実物を拝見しましたが、これはとても良い製品だと思いました。

梅田のTDYコラボショールームにも展示中ですので、
興味がおありでしたら、一度見に行かれてはいかがでしょうか。


最後に、DAIKENのHPと、
ひきドアの情報が掲載されているページのURLを記載しておきます。

DAIKEN HP
http://www.daiken.jp/index.html

DAIKEN ひきドア情報
http://www.daiken.jp/news/newsDetail/591/



株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/






本日も雨模様ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

ここ数年、大型台風による被害が大きくなっており、
停電や断水も、以前より起こりやすくなっているように思います。

暮らしに欠かせないトイレですが、
断水になると便器の水を流せなくなります。

そこで、本日は、断水時のトイレの水の流し方や注意事項について、
簡単にご説明いたします。






■断水時■

① 流す前に、便器の周りに新聞紙やぞうきんを敷き詰めておきましょう。

② オート便器洗浄・オート開閉機能があるウォシュレット・ウォシュレット一体形便器の場合は、
  それぞれのオート機能を「切り」にする。
  オート便器洗浄は、断水時間中「切り」のままにしてください。

③ 便座・便ふたを上げる。

④ バケツ1杯(8L程度)(※)の水を、水飛びに注意しながらボウル面に一気に流し込み、
  さらに静かに3~4Lの水を注ぐ。
  ただし、この水量では便器の汚物を排出する事ができても、
  排水管の途中に汚物が停滞することがありますので2~3回に一度は、
  多めの水(10~12L)を流してください。

※ ご使用中のトイレの種類によって、多少必要な水量が変わります。
  2012年発売のネオレストAH・RH(「きれい」サインがあるタイプ)の場合、
  洗面器1杯分(3~4L程度)の水で流すことができます。


注意!直接タンクへ水を入れないでください!

タンク内の水だけでは洗浄水量が不足するため、洗浄不良や詰りの原因になることがあります。
風呂の残り水などをタンクに入れると、水中の髪の毛などがタンク内部の部品に
ひっかかってしまうことがあります。
また、商品によってはタンクのまわりに電気部品があるため、
水かかりにより故障の原因となることもあります。

d0162214_11533710.jpg


今回は断水時について説明しましたが、
ネオレストやウォシュレット一体形便器など、
リモコンでの洗浄を行っている製品では、停電時にも便器の水を流せなくなります。

TOTOの「断水・給水制限・停電時のトイレ使用について」
http://www.toto.co.jp/News/dansui_teiden/index.htm
には、
断水時のトイレの水の流し方の動画や、停電時の使用方法についても掲載されています。
併せてご覧くださいませ。


株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/






今日から9月。
朝晩は涼しくなり、少しずつ秋らしくなってきましたね。

さて本日は、9月開催のP-conリフォーム相談会について、ご案内いたします。

--------------------------------------------------------------------------


d0162214_10433590.jpg

P-conリフォーム相談会

■開催日時:2014年9月15日(月・祝)10:00から16:00まで
■開催場所:国土建設㈱かがり台販売センター
       (住所 大阪府富田林市かがり台31-6)

        ※こちらのページの「モデルハウス」と記載のある場所です

お飲物と粗品を準備してお待ちしております。

--------------------------------------------------------------------------

人生の節目に家を直すことはつきもの。家族の成長と共に家も成長させましょう。
外装のリフォームで元気で安心な家に。設備のリフォームでリフレッシュ感を。

リフォームは幸せのキッカケです。

「リフォームでリセット! 家族が輝いてきます!」


をモットーに、プロの専門スタッフがお客様のご質問やご要望にお応えいたします。
リフォーム相談会に是非ご参加ください!

なお、リフォーム相談会につきましては、予約制で承っておりますので、
9/11(木)までにご連絡をいただきますようお願い申し上げます。

興味やご質問がおありの方、ご予約をご希望の方は、
下記電話番号 もしくは メールにてご連絡をお願いいたします。


株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/

※水曜日は定休日となっております。ご了承下さいませ。