現場担当のYより、こんなお土産を受け取りました。
d0162214_11542626.jpg

夏らしく、扇子!…では、ありません。
ホームセンターで、無料で配布されている、
DIYのパンフレットです。
d0162214_11544050.jpg

色とりどりで、たくさんの種類のパンフレット。
眺めているだけで楽しくなり、
1枚目の画像のように並べてみました。

皆様の近所のホームセンターでも、
きっと無料配布されていると思いますので、
一度ご覧になってはいかがでしょうか?


私は事務員のため、
恥ずかしながら、工事や補修についての知識が
まだそれほど多くありません。
そこで、簡単なことから勉強できるようにと、
とりあえず、家に関係するパンフレットをもらってきた
ということでした。

仕事の合間に、少しずつ、読破しようと思います。
また、これから、工事や補修についても
少しずつ学んでいきたいです。
そうして得た情報を、またブログなどで
お話できたらいいなと思っていますので、
これからも、ご愛読よろしくお願いします。


皆様の、ちょっとした知恵なども、
よろしければ、教えてくださいね。
[PR]
# by pcon_phs | 2010-07-06 12:16 | その他
 今回は、介護保険を使ったバリアフリー工事を紹介いたします。
どれも実際に保険の対象になったものです。

//////////////////////////////

d0162214_1156062.jpg
 門から玄関までの階段に外部用手摺の取付け。

 冬場に手摺を握った時の冷たさを和らげるために樹脂カバーの付いたタイプを選びました。


d0162214_11562370.jpg
 ガレージの屋根の一部をカットし車椅子用の昇降機を設置。

 上がった所にはスロープと手摺を付け、縁側に入れるようにしました。

 エレベーター室の増築や玄関廻りの外構やり替えなどの案もありましたが、コストのことも考えて今の形に落ち着きました。


//////////////////////////////


d0162214_1157125.jpg
 玄関の上り口や階段はよく付られますが、意外と便利なのが廊下の手摺。

 壁に手をつくと滑る事もあり、また壁も手の触れるところだけが汚れてきます。

 ピーコンの場合は、廊下の幅が広いので、手摺を付けても狭く感じることはありません。


//////////////////////////////


d0162214_11571429.jpg
 今では、当たり前になったトイレや浴室の手摺。

 取付け位置や形状は使う方に合わせて決めるのが基本です。

 一般的な取付け位置を参考にして、体格や動作の癖にあわせたものを考えます。


d0162214_1157243.jpg
 トイレや浴室は材質にも注意しましょう。

 特に浴室は、濡れた手で握りますので滑りにくい材質の物を選びましょう。


//////////////////////////////


d0162214_11573781.jpg


 部屋の入り口の段差はスロープをつけて解消。


d0162214_11574717.jpg
 もともとは和室でしたが、畳は滑りやすいので、撤去し滑りにくい塩ビシートの床にしました。


//////////////////////////////

 手摺の取付けや段差の解消は、今の建物ではあたりまえになっています。
しかし、バリアフリーが本当に必要な方がお住まいの建物の多くは、ご自身が元気な時に建てられた家で、昨今のバリアフリーに合致していません。

 転倒事故防止のためにも、バリアフリーリフォームを考えてみてはいかがでしょうか?

 本人要件で、介護保険が使えない場合でも、減税やエコポイント(硝子交換と併用)の対象になる場合があります。
 要確認です。

by phs_y
[PR]
こんにちは。
私は日頃、アフター(点検等)を担当させてもらっております。


先日、2階バルコニーにウッドデッキを施工させていただきました例を
紹介させていただきます。


d0162214_1792752.jpg施主様は、お体にハンディをお持ちのため、車椅子での生活を余儀なくされておられます。
そのため、新築時より、「車椅子で
自分もバルコニーに出てみたい」という強いご希望があり、そのご希望を受けて、この度、念願のウッドデッキを
施工させていただきました。


工事・設計で苦心したところは、
2階の部屋からバルコニーに出る際の、サッシのレール部分です。

d0162214_1711513.jpg今までは、床面から25センチほど上にサッシのレールがあり、それをまたぐようにして外へ出なければいけませんでした。
そこで、レールを傷つけないよう、専用の木製アタッチメントを造り、対応いたしました。



施主様から、車椅子の重量が200キロぐらいあると伺っていましたので、
完成した時にはほっとすると同時に、
施主様があきらめていたことを実現することができ、
私も喜びでいっぱいでした。



d0162214_17191070.jpg今後も、日本はますます高齢化社会に向かい、車椅子で生活しなければならないシーンが増えるかもしれません。
バルコニーに出ることによって、
生活の幅が一段と広がり、
有意義な生活を送っていただければと、切に願っております。
[PR]
クリナップさんのショールームで、
キッチンを中心に、見せていただきました。

d0162214_11525389.jpg


色々説明を伺った中で、特に印象に残った、
・ステンレスの話
・収納について
・洗エールレンジフード
この3点について、書いて行きたいと思います。


<ステンレスの話>

クリナップさんのキッチンに使われている、ステンレス製品。
水だけで、汚れが軽く落とせます。
油性マジックで試してみましょう。
d0162214_11533836.jpg

この間、わずか5秒ほど。

このステンレス、シンクはもちろん、
引き出しの内部などにも使用されています。
簡単にお手入れができて、いつも清潔!

また、クリナップさんのシンクは、
ひとつひとつ、熟練の溶接工さんが手作業で作られているそうです。



<収納について>

例えば、10キロの米袋や、ビール箱を
収納できる引き出しがあり、
クリナップさんのキッチンは、収納力は抜群です。

そんな中で、個人的なお気に入りは…
「うきうきポケット」!!

引き出しの手前にある、
包丁やサランラップ用のポケット。
引き出しを開くと、
そのポケットがせり上がってきます。

d0162214_11553065.jpg


d0162214_1156985.jpg









これは、ちょっと感動ものです。


<洗エールレンジフード>

台所の調理器の上の換気扇。
こちらの製品は、
ボタンひとつで、自分で掃除をしてくれるんです!

d0162214_11581192.jpg

①にお湯をセットし、
②のスタートボタンで、掃除開始。(30秒完了します)
③に、掃除を終えたお湯が出てきます。

お手入れの簡単さはもちろん、
お湯でお掃除ができるので、環境にも優しい!


------------------------------------------

その他にも、

滑らない工夫がされた床や、
入浴のしやすさが計算されたお風呂や、
たっぷり収納できる、洗面台がありました。


便利な機能や、お手入れのしやすさが考えられた製品ばかりで、
お話を聞くのも楽しかったです。
お値段も、お手頃ですので、
クリナップさんの製品、オススメです!


クリナップ公式HPはこちらです↓
http://www.cleanup.co.jp/
[PR]
新商品のご紹介

今回はTOTOのシングルレバー水栓を紹介したいと思います。

d0162214_15525221.jpg
近年の環境配慮に対する意識の高まりから、無意識な操作による給湯機の着火で、無駄なガスの消費とCO2の削減がなされています。

お湯の使用量を年間で16%カットできるそうです。


実は私自身も以前は現場を担当しており
そのころから最近の給湯器は壊れるのが早いと思っていました。
7年で壊れた事もありました。

昔のツーハンドル水栓では意識してお湯のハンドルを
廻さないとお湯は出ません。
たとえば、夏場に手を洗うとき
ツーハンドルでは水のほうを廻しますが、
シングルレバーでは水を意識して、レバーを右端いっぱいにして使う・・・

こんな事を考えて使っていたでしょうか?

この水栓の理屈は簡単で、水の出る範囲を広げて、
お湯になるところでクリック感を付ける。
お湯を使っていることを自覚させるわけです。

  < 在来品 >               < 新商品 >
d0162214_15532490.jpgd0162214_15533868.jpg










説明によるとお湯を年間で16%カットとありますが、
給湯機の点火回数でいうともっとあるのでは?
と思います。

当然、給湯機も長持ちし、ガス代も節約になります。
合計すると、早く交換したほうが特では?
と思わせる商品です。

ありそうでなかった、安価で簡単に採用できる商品だと思います。

by phs_y
[PR]