いよいよ本格的に始まった梅雨、
カビが発生しやすい季節でもありますね。

「カビ取り剤を使ってお掃除するぞ!」
という方もいらっしゃると思いますが、
カビ取り剤も、使い方を誤ると、大変危険な場合があります。

そこで本日は、カビ取り剤(塩素系漂白剤)の基礎知識と、
使用上の注意について、お届けいたします。





■カビ取り剤基礎知識■

カビ取り剤によく使われる塩素系漂白剤には、
「次亜塩素酸ナトリウム」がよく使用されています。
次亜塩素酸ナトリウムには殺菌効果があり、
ノロウィルスの嘔吐物処理などにも効果を発揮します。

殺菌の他に、カビの色素を抜くための「漂白」にも活用されています。




■使用上の注意その1「混ぜない」■

テレビCMのセリフや、製品にも
「まぜるな危険」という言葉が使われているので、
ご存じの方も多いかと思いますが、
酸性タイプのものと塩素系漂白剤が混ざると、
危険な塩素ガスが発生します


酸性タイプの洗剤・漂白剤のものも危険ですが、
食酢やアルコール類、クエン酸、
同じ塩素系ヌメリ取りにかかった場合にも
塩素ガスが発生する危険があるそうです。

他の洗剤と混ぜることはもちろんNGですが、
他の容器に移し替えるなども、避ける方が安全です。



■使用上の注意その2「換気&手肌や目を守る」■

塩素系漂白剤は基本的に強アルカリ性なので、
ゴム手袋やマスクは必ず着用しましょう。
ゴム手袋は裾を折り返すと液だれが腕につくのを防げます。
ゴーグルや浴室用ブーツもオススメです。

また、必ず換気をしながら掃除をしましょう。

万一、皮膚に付着してしまった場合は、
ただちに大量の水で洗い流し、異常があれば受診しましょう。

目や粘膜に付着した場合、飲み込んだ場合は、
大量の水で洗い流し、直ちに受診して下さい。



■使用上の注意その3「早めに使い切る」■

古くなると効果が下がりますので、
直射日光や高温は避けて保管し、早めに使い切るようにしましょう。



■使用上の注意その4「洗剤として使わない(使えない)」■

塩素系漂白剤は、石鹸や洗剤ではありませんので、
洗浄効果はありません。
塩素系漂白剤を使う前に、まずは普段のお掃除を行い、
汚れは落としておきましょう。





次亜塩素酸ナトリウム溶液(液体)も販売されていますが、
カビ取りなどで使う時は、市販のもの(泡状スプレータイプなど)が
使いやすく、購入もしやすいです。

使い方を誤ると危険ですが、
正しく使うと、とても便利な塩素系漂白剤。
使用上の注意をよく確認して、上手に生活に取り入れていただけたらと思います。


次回のブログでは、塩素系漂白剤を使ったカビ取り方法を
簡単にご説明いたします。






株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/




[PR]
# by pcon_phs | 2017-06-27 15:41 | その他
お手入れが簡単な床材、クッションフロア。
普段は雑巾での水ぶきで十分きれいになりますが、
何かの拍子で、しつこい汚れが付着した場合、
水ぶきではきれいにならない場合があります。

先日、うっかりペンキを踏んだまま、玄関に入ってしまい、
クッションフロアにペンキが着いてしまいました。

そこで、下記の方法でお掃除をしたところ、
かなりきれいになりました。
d0162214_10491499.jpg

そこで今回は、クッションフロアのしつこい汚れの落とし方について、
お届けいたします。



■用意するもの■
歯ブラシ(使い古したもの)
中性洗剤(私は食器洗い用の洗剤を5倍に薄めて使っています)
ぞうきん

d0162214_15383195.jpg
■手順■

(1)クッションフロアに中性洗剤を垂らし、
  歯ブラシでこすります

d0162214_15383772.jpg(2)ぞうきんを濡らして
  洗剤と汚れをふき取ります
手順は以上です。

お手入れ前とお手入れ後の、
汚れていた部分を拡大した画像もご覧下さい。

d0162214_12544057.jpg

私みたいにうっかりすることはないかもしれませんが、
水ぶきできれいにならない汚れの時は、
この方法をお試し下さいね。





株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/






[PR]

TOTOのお風呂、システムバスルーム「サザナ」が、
6月1日よりモデルチェンジするとのことで、
本日は、「サザナ」の新しくなる点について、お届けいたします。






■サザナのここが変わった!その(1)
 「排水口が抗菌・防カビ仕様に進化!」


今までのものでも十分お掃除・お手入れがしやすい
サザナの排水口まわり。
抗菌・防カビ仕様になり、ますますお手入れがラクラクになります!

d0162214_10390696.jpg


■サザナのここが変わった!その(2)
 「2柄プラス!木目の壁柄」


特に新築マンションで人気のある木目柄。
ハイグレードⅡシリーズに、
「ソワレローズウッド」
「ノルディグレーウッド」
以上、2柄が新しく追加となりました。

d0162214_11060495.jpg


■サザナのここが変わった!その(3)
 「3種類のシャワーモード!」


節水と適度な刺激感を両立した「コンフォートウェーブ」、
総会な刺激のある「アクティブウェーブ」、
お湯に包まれるような新感覚の「ウォームピラー」、
この3モードで水が出るシャワー
「コンフォートウェーブシャワー」が登場しました。
お手元のボタンで簡単に切替ができます。

d0162214_10580983.jpg







本格的な夏に、キレイなお風呂で汗をさっぱりと洗い流せたら
気持ちのよい毎日が過ごせますね。
また、お手入れのしやすいお風呂は、湿度の高い日本の夏には
大変ありがたい設備です。
「お風呂が古くなってきたな・・・」
「お風呂のお掃除って大変!」
そのようにお感じの方は、この際にぜひ一度、
お風呂のリフォームも少しお考え頂けたらと思います。




快適な毎日を、お客様と共に作り上げてまいります。
お風呂のリフォームも、弊社、ピーコンホームサービスにお任せ下さいませ。

株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/


[PR]
d0162214_12050144.jpgWEB広報のTです。
風薫る5月、本当に、風が心地よい季節となってきましたね。
そろそろ、お住まいにも、爽やかな風を取り込みたい時期と
なってまいりましたが、皆様のお宅の網戸は、
調子はいかがでしょうか。
開閉のたびにガタガタして、イライラする・・・
そのような方はいらっしゃいませんか?

網戸の網や、網戸の下部についている、
タイヤみたいなもの(戸車と言います)は、
ホームセンターなどで、必要なものをご購入頂けば、
お客様ご自身の手で替えて頂けるものが多いです。
ただし、網戸の開閉の時にガタガタする場合は、
経年劣化などで、網戸を張っている枠が
ゆがんでしまっています。

私の家も、昨年、網戸を枠ごと交換しました。
網戸が新しく、綺麗になったことはもちろん、
開閉時のガタガタがなくなり、
また、きちんと閉めても、
うっすらと開いていた隙間もなくなりました。
簡単な施工で綺麗になったのもうれしい点です。

網戸が活躍する、本格的な夏が始まる前に・・・
網戸の枠のゆがみの場合は、我々プロにお任せ下さい。




株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/

[PR]
WEB広報のTです。

最近、問題となっている、宅配の荷物の再配達。
マンションで広がっている宅配ボックスを、今後、
戸建住宅にも広げようという動きが出ていて、
日本郵便は6月から、戸建住宅の宅配ボックスについて
サービスを開始する予定だそうです。

サービス開始には、郵便局での事前の手続きが必要ですが、
荷物だけでなく、一般書留や簡易書留も受け取れるようになるそうで、
より便利さが増しますね!
新築のお住まいだけでなく、今、お住まいの住宅にも設置は可能です。

再配達の手間を減らす、宅配ボックス。
荷物を受け取る私たちにとっても、
再配達の依頼の手間がなくなるなどの利点もあります。
インターネットでよくお買い物をされるなど、
郵便や宅配をよくご利用なさる方はぜひ一度、
宅配ボックスの設置をご検討下さいませ。





株式会社ピーコンホームサービス
電話:0120-591-018
携帯電話からは、06-6351-9566 よりお電話下さい。
Mail:phs@pcon.co.jp (現在、Gmail、Hotmailからのメールの受付を中断しております)
HP:http://www.pcon-phs.co.jp/

[PR]
# by pcon_phs | 2017-04-25 15:52 | その他